ジブリ映画の食事シーンが展示される「食べるを描く。」にお腹が空く! ラピュタのキッチンを再現した展示もあるんだよ♪ / 三鷹の森ジブリ美術館

写真拡大

食事のシーンが登場する映画はこの世に数あれど、「美味しそう」「これ食べてみたい……!」と思わせる作品においてジブリ映画の右に出るものはいないっ!

『天空の城ラピュタ』に出てくる “目玉焼きトースト” に『魔女の宅急便』でキキが作るパンケーキ、『千と千尋の神隠し』で千尋が涙をポロポロこぼしながら頬張ったおにぎり。料理の名前を挙げれば別になんてことはないメニューばかりなのですが、なぜあんなに美味しそうに見えるのでしょう?

その秘密を探ることができるのが、東京・三鷹の森ジブリ美術館で開催される新企画展示「食べるを描く。」です。2017年5月27日から2018年5月頃(予定)まで行われるこの展覧会では、「食べものが本物よりも美味しそうに見え、幸せな気分にさせてくれる食事のシーンはどのように描かれているのか」を詳しく教えてくれるのだそうです。

【「美味しそうな食事」はジブリ映画の魅力のひとつ】

企画と監修を務めるのは、映画『コクリコ坂から』で監督を務めた宮崎五郎さん。展示会場には第1室と第2室が設けられていて、それぞれテーマが異なるみたい。

まず第1室では、各作品の記憶に残る “食事のシーン” を取り上げて、どのようにして印象に残るシーンが描かれているかをパネルで紹介。食事をするたった数秒間はどのように描かれ、どのように動かされているのか、その裏側を丁寧に紹介してくれるのだそうです。

続く第2室では、 “食事を作るシーン” をフィーチャー。『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所や、『天空の城ラピュタ』のタイガーモス号のキッチンを実物大で再現しているそうなので、こりゃあファンとしては見逃せませんよぉ!

【あなたが好きなジブリ飯はどれ?】

ジブリ映画には食事を作るシーンがたくさん出てくるので、みなさんの心にもそれぞれ、思い出のシーンがあるのではないかと思います。

ちなみにわたしは、『天空の城ラピュタ』でシータが空中海賊・ドーラ一家のために大量の料理を作るシーンがだーい好き! Pouch ではジブリ作品に出てくる料理を実際に作ってみる「ジブリ飯」という企画をたびたび行っておりますが、こちらで紹介した「シチュー」がまさにそれです。はああ、ジブリ飯の話ばかりしていたら、なんだかお腹がすいてきちゃった。

【なぜあんなに美味しそうなのか?】

映画やドラマ、アニメに出てくるご飯がすべて美味しそうに見えるかといえば、決してそうではありません。美味しそうに見えるか見えないかの分かれ目は、「そこに幸せがあるかないか」ではないかとわたしは思っています。

ジブリ映画に出てくるご飯がどれもこれも美味しそうなのは、登場人物の心情もきっと大いに反映されているのでしょう。展示期間はおよそ1年と時間はたーっぷりあるので、1度でもジブリ飯にときめいたことがあるというみなさんは、ぜひとも足を運んでみてください♪

参照元:三鷹の森ジブリ美術館
画像=©Studio Ghibli ©Museo d’Arte Ghibli
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む