日常的な扱いやすさにこだわったロードスポーツバイク

写真拡大

スズキは、250ccの新型ロードスポーツバイク「GSX250R」を2017年4月17日に発売する。

16年11月にイタリア・ミラノショーで発表したロードスポーツバイクのグローバルモデル。街乗りなどの日常的な扱いやすさとスポーティーなスタイリングが特長だという。

国内新排出ガス規制に対応しながら、フリクション低減や燃焼効率アップなど街乗りで多用する低中速の扱いやすさにこだわった248cm3の2気筒エンジンを搭載。また、「アーバンアスリート」をコンセプトに掲げ、都会や郊外を颯爽と駆け抜けるスタイルをイメージし、テールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集中するスポーティーなデザインを採用している。さらに、セパレートタイプのハンドルバー、前後分離式シートなどを採用しながら快適なライディングポジションを実現したという。

価格は52万7040円(税込)。