JALと野村総合研究所(NRI)は10日、両社が共同開発した国内線特典航空券「どこかにマイルサービス」に羽田空港発着路線に加えて、伊丹空港発着の路線を追加すると発表した。伊丹空港発着の路線の利用開始日は17日の午前11時から。伊丹空港発着路線は3つの時間帯から発着便(羽田空港発着路線は5つの時間帯)を選択できる。

 同サービスは、羽田空港または伊丹空港が出発地の4つの行き先候補を選ぶと、その内の「どこかに」往復できる特典航空券が通常のマイルの約半分にあたる6,000マイルで交換できるサービス。利用にあたっては、4つの行く先候補地・利用日・時間帯・人数(4人まで)を入力する。すると、選んだ候補地の4つから1つの行く先がJALから案内される。

 同サービスは開始以来好評で、関西在住の利用者の要望に応えて今回対象路線が拡大された。路線拡大により、対象路線数は従来の34路線から57路線に増加する。