衝撃のルーキーイヤーを経て、心身共に逞しくなった印象の郡司。新ポジションのボランチで奮闘中だ。写真:田中研治

写真拡大 (全2枚)

 期待の新星は、新たな役割に悪戦苦闘しながら、さらなるレベルアップを目ざす。
 
 今季の高円宮杯U-18プレミアリーグEASTの注目選手のひとりに、市立船橋高校のMF郡司篤也の名前が挙げられる。1年生だった昨季、全国高校総体(インターハイ)で脚光を浴びた。公式戦初先発となった初戦でハットトリックを達成するなど、計5得点を挙げて得点王争いに加わる鮮烈なデビュー。力強さと巧さを兼ね備えたドリブルと非凡な得点感覚は、今後に期待を持たせるものだった。
【PHOTO】 日本高校選抜vsU-18 Jリーグ選抜を彩った好タレントたち
 
 ポテンシャルの高さは、間違いない。しかし、2年生で名門の10番を背負って臨んだ今季の初戦(プレミアリーグEAST第1節、鹿島アントラーズユース戦)、郡司はボランチのポジションで苦しんでいた。中盤でパスを捌きながらアタッキングエリアへ侵入していくプレーを試みたが、ボールが落ち着かない。パスを出しては「ああっ、ごめん!」と味方に謝る場面が何度も見られた。
 
 昨季とは勝手が違う。1年生のうちは上級生にフォローやカバーを任せてとにかくゴール奪取に邁進できたが、2年生になれば責任もあり、そうはいかない。ポジションが1列後ろに下がったことで守備の役割は増え、攻撃も組み立てから参加しなければならない。自然と相手ゴールからの距離は遠くなる。シュートが撃ちにくくなるだけでなく、自分のミスがすぐに相手のチャンスにつながるプレッシャーとも戦わなければならない。
 
 郡司は「置かれたポジションでしっかりやらないといけない。ボランチでボールを取られたら、ピンチになる。そのプレッシャーで自分に余裕がなくなってしまう。自分のミスから流れを壊してしまっていた」と、鹿島ユース戦を振り返って、反省点を挙げた。
 
 2点のビハインドとなった終盤、布陣変更で攻撃的MFの位置に上がった。83分、中央のスルーパスを受けると一斉に寄せてきた相手の密集をドリブルでかわしてシュートを決め、持ち前の武器を発揮した。
 
 攻撃に専念すれば、十分に特徴を生かせる選手だ。では、なぜボランチ起用なのか。
 
 朝岡隆蔵監督は「郡司の良いところは、つねに周りが見えているところ。一発の配球で局面を変えることができて、いつも狙っている。高(宇洋)のときもそうだったけど、ボランチの位置から点を取ってほしい。いま、点を取れるボランチが求められている。前線は当然だけど、ボランチも上がって行って取る。その力を彼は持っていると思っている」と、その理由を明かした。
 
 郡司にとってモデルになるのは、昨季の主力でガンバ大阪に入団した高宇洋だ。中盤で巧みにポジションを取っては、ターンやドリブルで攻撃の起点となり、フィニッシュまで絡む。高もシャドーストライカーからボランチに転向した際、前に行けないもどかしさを少しずつ解消し、シュートシーンを作っていった。
 
 また、「全体感を掴んでゲームに関われる選手になっていかないといけない」と話す朝岡監督は、身長170センチに満たない小柄な郡司が、プロの世界や海外で渡り合っていくために、中盤でできる仕事を増やす必要性も考えている。
 
 運動量は、そのひとつ。「前に置いておくと、走れる割に運動量が少なくなる」と指摘しており、まだ発揮し切れていない潜在能力を刺激し、引き出す狙いがある。郡司自身が「できないと、90分プレーができない」と自認しているメンタルのセルフコントロールも課題だ。敗戦寸前の終盤、当たり散らすような指示は必死さこそ伝わるが、仲間を動かすには至らなかった。
 
 高い能力を持っているからこそ、さらに広く能力を引き出していく。今季、郡司が目ざすのは「得点力のあるボランチ」だ。昨季に証明した得点力に加え、全体像を把握し、試合をコントロールして勝利に導ける選手への成長が求められる。
 
 今後は、攻撃的MFとボランチでの併用が見込まれる。高校2年目の初戦となったプレミアリーグ開幕戦を振り返り、郡司は「前に行ったときはゴールを取らなければいけないと思っていたので、1点取れたことは良かった。ただ、点の取れるボランチがほしいと言われていて、自分がなれればと思っていたけど、まだ足りないところが多過ぎるので、修正してやっていきたい」と話した。
 
 郡司がいれば攻撃は機能し、点も取れる――。1年目の衝撃を超えるインパクトを持つ選手になるための1年が始まった。
 
取材・文:平野貴也(スポーツライター)