咸臨丸航海の図(より)


 明治大正、昭和初期にかけての外交官には旧幕臣や親藩出身者が少なくなかったこと、幕府の「蕃書調所」や「海軍操練所」出身者やその門人など、いわば「維新の負け組」が多く登用され、明治政府内で一種の批判勢力を形成していたことなどに、ここ数回触れて来ました。

 今回は、そうした失敗体験を持つ幕臣など出身者、いわば「しくじり外交官」たちに「クリスチャン」が多かったこと、その背景や周辺など、やはりあまり多く語られない背景史に触れてみたいと思います。

 とりわけ禁酒とクリスチャニティに関連するいくつかのトピックスは明治大正期に外交官だった私の曽祖父・藤田敏郎の例を引いてお話するもので、一般論ではなく、そういうケースもあったというスタディとしてご参考に供すれば幸いです。

 藤田は親藩であった作州津山松平藩の出身で、旧幕時代から英学が盛んで蕃所調所などに参加していた先輩たちの薦めで商法講習所、今の一橋大学で学んだ後、いったんは「共同運輸会社」に奉職します。

 が、ハワイ王国のカラカウア国王の来日―官製移民団の組織と日本領事館の発足で外務省出仕、ホノルル勤務を拝命し、ハワイでクリスチャンに入信します。

 この経緯を少しみてみましょう。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

松下村塾からクリスチャンへ〜美山貫一の改宗とミッション

 1885年、ハワイに着任した曽祖父たちにキリスト教を布教したのは美山貫一(1847-1936)という日本人牧師でした。

 美山は長州は萩の生まれ、もとは「内藤匡三郎」というれっきとした長州藩士でした。幼少期には吉田松陰の松下村塾にも影響を受けたといいます。

 明治に入って美山家に養子として迎えられ「美山貫一」を名乗り、最初は海軍兵学校で学ぼうとしますが入試に失敗、陸軍省勤務となり渡米、サンフランシスコでオハイオ州出身の若い外交官でキリスト教プロテスタントの一宗派であるメソジストの宣教師でもあったメリマン・ハリスと知り合います。

 このハリス、1873年に初来日、翌年には外交官として米国函館領事館に勤務しつつ、日本語を交えて布教し、1877-78年にかけて札幌農学校の1、2期生たちに洗礼を授けました。

 新渡戸稲造(1862-1933)、内村鑑三(1861-1930)、宮部金吾(1860-1951)といった人々はすべてハリスのもとでクリスチャンとなりましたが、この間を縫うように、ひと世代上に属する美山も米国本土で洗礼を受け、メソジストの宣教師となります。

 ちなみにハリスは1882年にいったん日本を離れますが1904年再び来日、東京を拠点に布教を続け1921年に青山の自宅で亡くなり、青山墓地に埋葬されています。彼が指導したメソジストの学院が青山学院にほかなりません。

 美山貫一は1884年に一度帰国し、銀座教会牧師となりますが、翌年再び渡米、この間ハワイに長期逗留し、新設された日本領事館を訪れて日本人外交官たちに聖書講話を聞かせます。

 曽祖父の藤田敏郎は初めキリスト教を色目で見ていたそうです。文久2年生まれの親藩の侍ですからキリシタン伴天連の類に偏見がある方が当然でしょう。

 しかし、日本語で切々と教義を説く美山の講話会に、やがて総領事の安藤太郎氏も姿を見せるようになり、ある段階で「自分自身も罪びとであり、その贖罪を天に誓って生きる」という決意に至って、美山から洗礼を受けることになります。

 この「罪びとの意識」がどのようなものであったか、正確には十人十色であって、通り一辺倒ではないと思います。

 しかし在ホノルル領事館の外交官たちに共通する点として、親藩譜代など徳川幕府側に生まれ、明治維新で負けて新政府に下ったという「しくじり経験」が共通していたことは、指摘しておいてよいでしょう。

 安藤太郎、藤田敏郎など、駐ハワイ日本領事館のメンバーは軒並みクリスチャンとなり、また別の理由で禁酒主義というもう1つの共通項でも結ばれることになりました。

 このとき安藤太郎は美山と同年で39歳、藤田はまだ23歳の青年でした。生まれつき酒の飲めない性質であった藤田は、酒豪だった安藤の禁酒をサポートするような形で「禁酒クリスチャン」のお供となったのでした。

日本が支援した朝鮮「3日クーデター」の失敗

 すでにこの連載で記したように、蕃書調所などで学び、戊辰戦争・箱館戦争を幕府側で戦った安藤太郎は榎本武揚、大鳥圭介らとともに捕らえられたのち、特赦され新政府登用、ハワイ総領事着任直前には上海領事として勤務していました。

 1884年末、朝鮮で、反清朝の開化派によるクーデターが勃発します。日本も反乱を後押ししたこの事件は甲申事変と呼ばれています。

 当時の李氏朝鮮では国王の高宗の夫人である「閔妃」の一族と、高宗の父親大院君一派とが政争を繰り返しており、1873年の政変以降は閔妃一族が親清政策を進めていました。

 ここで大院君を擁する開化派がクーデターを起こしますが、閔妃は清の軍閥袁世凱に救援依頼、袁世凱率いる清軍は日本公使館を襲撃して多数の日本人死者も出、たった3日でクーデターは鎮圧されてしまいます。

 この甲申事変を率いたリーダーの1人に親日派だった金玉均(1851-94)がありました。

 金は1882年に朝鮮で発生した日本人を対象とする「攘夷事件」壬午事変の事後処理で来日、福澤諭吉と識り、そのサポートを得て、朝鮮を日本型の近代国家に生まれ変わらせる政策を検討するようになります。

 のちにこの「3日天下」クーデターに失敗、日本に亡命しますが、最終的には上海で暗殺されてしまいます。

 ここで確認しておきたいことの1つに、明治初年の日本人、特に社会一般に、いまだ一切の中国や朝鮮に対する差別感情など存在しなかった事実があります。

 江戸時代の日本人の大半はそもそも、生涯にわたって、中国とも朝鮮とも外国人とも接する機会が一切なかった。

 今日の日本で見られる、あらゆる東アジア隣国に対する感情は、ここ百数十年の間に起きた外交的な事件、戦争や戦後処理、そこで起きた問題や新たに喧伝されたプロパガンダなどによって形作られたものであることに注意したいのです。

 開化派だった朝鮮官僚、金玉均は日本を範と見、福澤を筆頭に明六社のメンバーと親しく交わります。

 これに先立って1876年、ソウルに近い江華島付近で示威行動を行っていた日本軍艦が朝鮮軍から砲撃を受ける武力紛争が発生(江華島事件)、挑発し先に手を出させておいて、これをもとに不平等な条約を押しつけるという形で日本は朝鮮に領事裁判権や関税自主権を持たない「日朝修交条規」を締結させます。

 こうした明治初期の対朝鮮外交に関して、日本国内は決して一枚板ではありませんでした。よく知られるように西郷隆盛たちは「征韓論」をめぐって対立、下野しています。

 西郷たちはフランスのお雇い外交顧問ギュスターヴ・ボアソナードが指導する、こうした強行外交を「義にもとる」として批判しており、征韓論が決して無闇な朝鮮征伐の議論ではなかったことに注意しておく必要があるでしょう。

 明治初年の日本では、欧米列強の圧力に屈せず、国力増強のために朝鮮半島や中国をどう利用するかという議論が戦わされていましたが、必ずしも韓国を併合しようといった意見た大勢を占めていたわけではなかった。

 むしろ日本と朝鮮、中国が適切に手を携えて共存共栄していく道を模索する動きが多様に存在し、福澤諭吉の金玉均支援はその典型と言えるものでした。

 ところが1885年、近代化を目指した「3日クーデター」甲申事変を清の軍事力を背景に鎮圧した閔妃政権は、中国古代から続けられてきた「族誅」と呼ばれる処断法を採用しました。

不平等条約正当化の起源:法の未整備と残虐な刑罰

 「一人罪あらば三族に延及す」

 つまり「三族」とも「九族」とも言われる、謀反人の親族つまり、事件と無関係な両親、祖父母、曽祖父母、また子供、孫、ひ孫といった無実の人々を、きわめて残酷な方法で公開処刑することで謀反を封じ込める古代東アジアの残酷統治そのものでした。

 甲申事変の結果、すさまじい惨禍が発生します。

 そもそも法律が未整備で、三権も分立しておらず、為政者の恣意によってどんな残酷な刑罰でも「正義」として実行されてしまうのが、当時の清や朝鮮社会でした。

 と言っても明治維新で近代化が始まるまで、日本も完全に同じ状態にあった。以下記すように、近親憎悪からヘイトは生まれていると思います。

 さて、3日クーデターの失敗後、大逆謀反人とされた罪人の親族は、罪もない老人、女性から乳幼児に至るまで、生きたまま肉体を切り刻んで長時間苦しめて殺害する「凌遅刑」あるいは布団蒸しにして体温調節機構を奪って苦しめ殺す「蒸殺」など、極めて残虐な方法で殺害、これらをさらしものにするという措置が採られました。

 これにプツンと切れた中に福澤諭吉がありました。彼は1885年3月16日「時事新報」に『脱亜論』を発表します。

 そもそもどうして欧米列強が「領事裁判権」を主張するかと言えば、遅れたアジアの司法制度に任せるなら「凌遅刑」「蒸殺」あるいは「隗肉刑」などの非人道的な処刑を受けかねず、罪を犯した本人のみならず、無関係な両親祖父母、兄弟姉妹から小さな子供に至るまで、連座して惨たらしく殺されかねない。

 個人主義も発達していない、そんな遅れた国の法律なんぞに、我が米国民の、あるいは英国、フランス国民の命運を預けるわけにはいかない、というのが「領事裁判権」の根拠でした。

 これとともに通商においても関税自主権などを剥奪、植民地ないし属国として実質統治してしまう帝国主義の蚕食が進んだわけです。

 当時の外交官は「領事裁判権」の存在する任地では司法にも責任を負いました。

 榎本武揚や青木周蔵、安藤太郎から藤田敏郎まで「領事裁判権」が設定された任地では、司法の素人であっても「お裁き」を担当し、当然ながら国益にプラスになる結論ありきの判決を出すのが職掌の一部だった。

 細かいようですが、実はこうしたポイントやそれへの感じ方は非常に重要だと思うのです。

 私は時折「日本人はほんの百数十年前まで<首刈り族>だった」と記します。あえてそう記すわけで、ネットではうまく引っかかってくれ、けしからんのなんのと反応してくれる人があります。

 しかし、これは私の見解ではなく「不平等条約」を締結した欧米先進国の当時の共通した見方に過ぎません。

 江戸時代の日本は「磔獄門」は当たり前、大きな宿場のはずれにはさらし首が並びカラスがこれを突く風景が普通に見られ、トンでもない遅れた野蛮国として帝国主義列強はこれを下に置きました。

 これを跳ね返すために日本は様々な社会制度を導入、内閣制度を導入し憲法を制定、法治国家の骨格を整えて議会発足、欧州より遅れた野蛮国ではありません、と自他共に認めさせて、初めて「領事裁判権」の撤廃に成功します。

 これは1894年、日清戦争直前に締結され、施行されたのは1899年から。つまり安政の不平等条約(1858)から41年、大日本帝国憲法発布から数えても10年後まで、覆すことができなかった。

 その渦中である1885年、日本が支援して朝鮮で勃発、失敗したクーデターへの報復として罪もない子供まで含めた「族誅」の惨たらしい身体刑が実施された。

 いまだ「不平等条約」で遅れた国扱いされていたその朝鮮、また中国を、実際に直前まで同様だった日本が近親憎悪を含めて「遅れたアジア」と見下し、「アジアを脱出すべし」という「脱亜論」が語られ始めることとなった。

 「遅れた野蛮な中華風の法規、清朝支配の元にある限り、朝鮮半島では罪もない子供まで連座で殺されてしまう。そんな非道に苦しんでいる、半島の人々を解放して、日本のように憲法が国民の権利を保障する文明の明かりに導き入れてあげよう!」

 日本が日清戦争で始めて大規模に大陸出兵した際、「帝国臣民」に広く喧伝されたのはこのような「大義」でした。

 同時に「いち早く文明開化した優越日本」「封建遺制で遅れた野蛮国=清・朝鮮」といったヘイトの感情が日本に普及、やがて日清戦争の勝利から日韓併合に至る過程で完全に定着してしまうことに注意したいと思います。

天津条約と黒田清隆の酒乱

 朝鮮半島で3日クーデターが失敗、関係者が無惨な皆殺しにあっていた頃、日本と清朝は事後処理の協議を行い1885年4月、つまり福澤の「脱亜論」が出された翌月、日清両国とも朝鮮から撤兵する旨で同意した天津条約を締結します。

 これに伴って、日本から清の皇帝に天皇の名代として国使が派遣されます。維新の元勲、薩摩閥の総帥とみなされていた黒田清隆がその任にあたりました。

 迎える在北京駐清公使は榎本武揚、箱館戦争を戦い、恩讐を超えて手を携えた盟友同士は、大陸の外交交渉の場で役務をもって再会することになります。

 ところが、その後がよろしくなかった。この辺から資料として出回らないエリアに入っていくわけですが、榎本も黒田も基本は江戸時代に人格形成した人たちですから、素はおよそ近代的ではないんですね。

 北京で合流した盟友2人は牛飲馬食の乱痴気騒ぎ、酒が入れば色事となりますから、それはまあ、文字に書けないような下品な醜態をさらけ出し、彼らに「お遣え」せねばならなかった公使館メンバーは、それはそれは、筆舌に尽くしがたい苦労を背負い込むことになります。

 そもそも黒田清隆は「酒乱」であったと伝えられます。しらふであれば大胆明晰、百戦の雄だった黒田でしたが、酔っ払いとしての「百戦の雄」はトンでもないしろものだった。

 この黒田が、北京の後、上海に回ってくるというのを、上海領事であった安藤太郎が迎えることになった。彼はここで起きた事件を収拾後、ハワイ総領事として栄転出、クリスチャンに入信し、また酒豪だった安藤が生涯にわたって禁酒することになるのですが・・・。

 そこでの出来事など、外交官の家に伝わるお話から、稿を改めることにしましょう。

(つづく)

筆者:伊東 乾