写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の桐谷美玲が主演するフジテレビ系ドラマ『人は見た目が100パーセント』(13日スタート、毎週木曜22:00〜22:54)が、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」と連動することが決定した。

このプロジェクトは、東京2020オリンピック・パラリンピックで使用する約5,000個の金・銀・銅メダルを、全国各地で集めた携帯電話や小型家電(=都市鉱山)から抽出したリサイクル金属100%でつくることを目指すもの。この"100%"という共通のキーワードから、大会組織委員会側が、同ドラマに連動を提案した。

今回の連動では、桐谷、水川あさみ、ブルゾンちえみが写ったコラボレーションポスターを作成し、全国の高校に順次配布。キャストが出演するイベントも予定されており、鈴木大地スポーツ庁長官は「若い世代が主体的に参加して大会を盛り上げていこうという気持ちを高めていただけたら」と期待を寄せる。 。

桐谷は10日、都内で行われた同ドラマのイベントで、「メダルを私たちが使っていた家電からつくれるというのは本当にすごいことですし、より大会に身近に感じられると思います」とコメント。フジテレビの中野利幸チーフプロデューサーは「メダルプロジェクトが広く認知されるように私たちも頑張ります」と意気込んでいる。