浅田真央

写真拡大

10日、女子フィギュアスケート・浅田真央(26)が自身のブログで引退を発表。「フィギュアスケート人生に悔いはありません」、「自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点」などと綴った。

すると翌11日、フジテレビ「とくダネ!」では、小倉智昭キャスターが浅田引退に際してコメントを寄せた。「ついにこの日がきてしまいました」と切り出すと、「本当に残念、もっと観たかったですけどね」と寂しそうな表情を浮かべた。

「“選手として終える決断を致しました”っていうことですよね」とブログの内容に言及した小倉氏は、「我々は簡単に引退って使っちゃうけどフィギュアの選手は競技を退いても、その後アイスショーだとかで活躍する場が沢山ある。だから彼女は引退っていう言葉を使ってませんもんね」と、今後も浅田の演技が観れるという見方を示した。

また、浅田の競技人生で印象に残っている点を訊かれた小倉氏は、バンクーバー五輪後の涙や、ソチ五輪での感動的な演技を挙げた。

「ソチはショートで大失敗して、フリーの滑走順がかなり早かったわけよ。僕は、高橋大輔君のすぐそばで大輔君越しに真央ちゃんを観てて。素晴らしい演技をして終わった後に、高橋大輔君が目に涙を浮かべているのを見ましたしね」と振り返った小倉氏。この時、浅田はSPでミスが続き、まさかの16位に。翌日のフリー滑走順は、2組・12番目と前方だった。

この点についても、「あの時の演技がショートを失敗しないで最終組で滑ってたら、もっと高い点が出たはずだって言うんですよ、プロの皆さんは。やはり早い段階で出てくる選手にそんなにベラボーに高い点は付けられないもんなんですって。だから、そこまで結果が悪くても6位まで押し上げた力、すごかった」と力説。同氏は「オリンピックで金を獲っても不思議じゃない人だから、できれば金を獲らせてあげたかった」としみじみと語り、浅田の競技人生を振り返るVTRが流れると、目に涙を浮かべた。