せっかく付き合うからにはこんな彼氏がいい! という理想って誰にでもあります。でも、イケメンで稼ぎがよくて……なんてのはちょっと都合がよすぎる気がしませんか? いわゆるモテ男というものなのかもしれませんが、だからといって幸せになれる保証はありません! それよりも理想の彼に求めたいのはなんなのでしょう?
そこで今回は、あなたが幸せになるためにも理想の彼に求めたいポイントについてまとめてみました。

1. 恋人としての気遣いややさしさ、相手を尊重してくれる“思いやり”

恋人として一番求めてしまうのは、やはりなんといっても優しい気遣いや思いやり。“俺サマ”的な態度は間違ってもとらず、いつでもこちらのことを気遣う姿勢や努力を見せてくれると「やっぱり彼は頼りになるわ」と嬉しくなります。

2. 暗い気持ちも吹っ飛んでしまうくらいの“笑いのセンス”

“面白キャラ”というのはやはりモテます。だって一緒にいて楽しいですからね。こちらが暗い気分のときでもそれを吹き飛ばしてくれるくらい笑わせてくれるユーモアがあれば、お付き合いはますます楽しくなるもの。友だちでも笑いのセンスが一致している人とは仲良くなりやすいけど、これはもちろん恋人にも当てはまります。

3. 卑下したり、物おじしない“堂々とした態度”

横柄な態度はもちろん許せませんが、でも基本的に彼には堂々としていてほしいもの。自分のことを卑下したり、物おじしない態度は彼をいっそう男らしく見せてくれるでしょう。

4. お年寄りや子どもにみせる“やさしさ”

彼がお年寄りや子どもに対してリスペクトや思いやりを欠かさず接している態度を見ると、人としても尊敬できます。そんな根本的な優しさがある人となら、お付き合いしていても必ず幸せになれそうだと思えるでしょう。また、とくに子ども好きな彼なら、将来のお父さんとしても有望株ですよね。

5. こちらの話を辛抱強く聞いてくれる“聞き上手”

カップルでよくある不満が、「彼が話を全然聞いてくれない」というもの。男性には理解しがたいことかもしれませんが、女性というものはとにかく話を聞いてほしい、共感してほしいと思う生きものなのです。悩みに対するアドバイスや正論は期待していません。ただただ話を聞いてほしいだけなのです!

6. 一緒に生活するようになったら欠かせない“一通りの家事能力”

よく、「恋愛と結婚は違う」といいますが、それは生活感を共有するか、しないかの違いにあるとも考えられるでしょう。でも結婚しなくても一緒に暮らし始めたら、やはり最低限の家事能力は彼にも持っていてほしいし、協力してほしいと思うのは当然ですよね。そうでなければ、“彼女”というステータスから“単なる家政婦”になってしまう可能性大ですから。

7. 大人なのにどこか少年っぽさが感じられる“やんちゃ坊主っぷり”

立派な社会人として暮らしているのに、ふたりでいるときはとても無邪気な子どもっぽさを見せてくれる……。これは恋愛において男女を問わず、大きなチャームポイントになります。ゲームに夢中になったり、おかしなことを平気で信じ込んでいたり、友だちにいたずらしたり……。そんな愛すべき“やんちゃ坊主っぷり”があるほうが優等生的な彼よりもずっと面白いでしょう。