日本における昨今のフィギュアスケート人気の火つけ役とも言われ、フィギュアスケートで使用されるクラシック曲にも大きな影響を与えた浅田真央選手(26)が10日、自身のブログで現役を引退することを発表した。

 荒川静香元選手や安藤美姫元選手、高橋大輔元選手らとともに、日本におけるフィギュアスケート人気を後押しした浅田真央選手。目覚ましい活躍は、フィギュアスケートで使用されるクラシック音楽にも影響を与え、関連する音楽作品の注目度も高めた。

 その中心人物の一人である、浅田真央選手が10日、自身のブログで「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います」と現役引退を発表。

 決断に至った経緯を説明してから「このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません」とし、この決断は「人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています」と心境をしたためている。