北朝鮮の労働新聞は10日、米トランプ政権が初めての対北朝鮮制裁行政命令を発表したことに対して「敗北者の断末魔のあがきとしか見なさない」としながら、制裁を歓迎する立場を示した韓国政府を非難する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「かいらいが米国上司の制裁劇をいわゆる『意志』だの、『警告』だのと精一杯におだて上げ、自慢高慢馬鹿の内のごとくふざけるのは、内外の嘲笑を買うだけだ」と指摘。

また、「外部勢力にしがみついて同族を害しようとするのは、かいらいの病的悪習である。ついた癖は焼いても退かぬと言われるが、外部勢力依存と同族対決に狂った親米逆賊の群れの悪習は死ぬ時まで変わらない」と述べた。

さらに、「かいらいがいくら米国の反共和国制裁騒動に便乗しながら同族圧殺策動に狂奔しても、無駄である。外部勢力にへつらって同族を害しようと狂奔する醜悪な逆賊の群れは、歴史と民族の峻厳な裁きを免れられないであろう」と述べた。