誕生日を祝ってもらうことはとても嬉しいですが、「え? なんでこれにしたの?」と思うような誕生日プレゼントをもらったことはありませんか? 使わないと失礼だけど使い道がないため、包装された状態のままクローゼットに入ってる……という方も多いと思います。そこで今回は、正直もらっても嬉しくない誕生日プレゼントをいくつかピックアップしてみました! これからプレゼント選びをする方は参考にしてみてくださいね!

彼女でもないのに「ブランド物のアクセサリー」

・ 「これから付き合う予定があるわけじゃないのにこんな高いもの送られても困る。高いものに釣れるような女だと思われてんのかな?」(27歳/アパレル/女性)

・ 「かわいいけど重いからつけられない。売るのも悪いしどうすればいいの……」(26歳/福祉職員/女性)

▽ ブランド物のアクセサリーは彼氏以外からもらっても困っちゃいますよね。その人の誕生日にもそれなりのものをあげないといけないというプレッシャーも……。高すぎるプレゼントはほどほどにしてほしいものです。

好みじゃない香りの「香水」

・ 「好きな香りは人それぞれなのになぁ。私に合わなかったので使わずそのまま引き出しにしまってます」(25歳/保育士/女性)

・ 「飲食で働いてるから香水はつけられない。休みの日につけることはできても好きな香りじゃなかったら余計使い道がない」(28歳/飲食業/女性)

▽ 「これすっごくいい香りなの!」とオススメされることってありますが、香りの好みって妥協しにくい部分なのでプレゼントには不向きかも。

髪質に合わない「シャンプー・リンス」

・ 「“高いシャンプー=誰にでも合う”というわけじゃないと思う。私はもらったシャンプーで髪を痛めてしまったので、プレゼントにあげるのはやめたほうがいい」(29歳/銀行員/女性)

▽ 高いシャンプーはわざわざ自分で買わない方が多いので、もらうとテンションが上がりますが、自分に合っていなかったら一回きりで使うのをやめてしまいますよね。

ネタなのかよくわからない「面白グッズ」

・ 「面白い形をした日用品なら嬉しいけど、人を驚かせる虫のグッズをもらったことがあります。ネタのつもりなんだろうけどもらっても本当に嬉しくなかった」(25歳/フリーター/女性)

▽ おもしろグッズって誰にでもあげられるので便利なカテゴリーですが、ものによってはただウザがられるだけなので注意が必要ですね! 保険としてちゃんとしたプレゼントをもうひとつ用意しておいたほうが安心かも?

その子の好みがドンピシャでわかるならマトを絞ったプレゼントにしてもいいですが、なにが好きかわからない場合は冒険せずに無難なものを選んだほうがいいかもしれません。事前にリサーチできればそれが一番いいですね。1年に1度の大切な日ですから、適当に選ばず相手が喜んでくれそうなものをセレクトしましょう!