札幌FW都倉、得点後に「8」のセレブレーション。ちょっぴり感動的なワケは

写真拡大 (全3枚)

先週末、ホームでFC東京を2-1で下した北海道コンサドーレ札幌。

キックオフ直後の8分、東慶悟に先制ゴールを許すも、札幌は自慢の2トップがしっかりと結果を残し、2-1で今季2勝目をあげた。

そんなこの試合で決勝ゴールをあげたのは、エースである都倉賢。

兵藤慎剛からの優しいスルーパスを冷静に流し込んだのだが、ゴール後に見せたセレブレーションが話題だ。

サポーターの方へと走り、カメラに向かって両手を使い「8」を示した都倉。

その後、チームメイトが駆け寄ってきた後もそのポーズを崩すことはなかった。

このパフォーマンスは、チームメイトであるMF深井一希に向けたもの。

深井は今月2日(日)に行われたJ1第5節のヴァンフォーレ甲府戦で左膝前十字靭帯断裂、左膝内側半月板と左膝外側半月板の損傷という大怪我を負った。

シーズン序盤ながら全治8ヵ月という診断が下った深井に対し、都倉はその背番号である「8」を両手で作り「深井、頑張れよ!」とメッセージを送ったのだ(映像は04:24から)。

このゲームでは札幌のゴール裏に「不屈の男 深井一希 信じて待っている」という横断幕も掲げられていた。

試合後、都倉はこのセレブレーションについてこのように語った。

また、得点については「得点の場面は細かい部分までは覚えていないが、兵藤さんがシュートを打つと思って、そのこぼれを狙おうとポジションを取り直したら、見事なパスが来た」とコメント。

また、「今まではああいったパスを出せるのは伸二さんしかいなかったが、兵藤さんが加わった意味の大きさも感じる得点シーンだった」と振り返り、お膳立てした兵藤を讃えた。