写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ファンケルは4月1日、65歳で雇用契約が終了するこれまでの制度を改め、65歳以上でも勤務できる「アクティブシニア社員」という雇用区分を新たに設けた。

同社ではこれまでも、65歳まで働き続けられる雇用制度を整えてきた。アクティブシニア社員は、労働意欲が高く、今後も会社で力を発揮できる65歳以上の社員を再雇用する制度で、嘱託社員や契約社員、パート社員など区分に関わらず対象となる。

勤務日数や時間については会社が本人の希望を勘案して決定するため、それぞれのペースで柔軟に働くことが可能。また、定年年齢はなく(正社員としての定年は60歳)、原則本人の元気とやる気が続く限り働くことができる制度。