わたしたちが必死に運動したり、食事制限を行ったりしても、体の特定の部位だけなかなか脂肪が落ちなかったりしますよね。あるいは部分痩せは医学的には無理とも言われていて、脚だけ、お腹だけ痩せることの難しさはほとんどの人が実感していることと思います。一方、お腹だけ太ってしまう、下半身顔からお肉がつくなど、太り方にも色々あります。一体どうしてわたしたちは部分太りをしてしまうのでしょうか。

誰もが部分太りリスクにさらされている

わたしたちが部分太りをしてしまうのは、身体の性質上、実は当たり前のことだといえます。というのも、わたしたちの身体には優先的に脂肪が蓄積されやすい部位というものがあるからです。それも男女年齢別でその部位は異なるようです。まず男性においては、内臓脂肪が優先的に蓄積されるようになっているのです。更に皮下脂肪は、お腹周辺、胸部、頬あご、内股、という順番で蓄積されていくといわれています。

女性においては、男性と違い皮下脂肪がつく割合が高いことで知られ、更に年齢別で脂肪のつきやすい部位が変遷していくようです。具体的には10代女性は頬あご、20代女性は下腹部・太もも、30代女性は二の腕・ウエスト、40代女性はお腹周辺、となるのです。自分だけが部分太りしているわけではなくて、男女年齢別で誰しもが部分太りに悩んでいるということです。

更にむくみが部分太りを増長させる

男女を問わず、一日二日で部分太りを招いてしまうのがむくみです。上記で挙げた脂肪がつきやすい部位は、同時に血液やリンパの流れが滞りやすい部位でもあるので、誰しもむくみが発生しやすい部位でもあります。つまりむくみによっても部分太りが発生する可能性があるのです。更に、脂肪が蓄積された部位にむくみが加わることで、更にわたしたちの部分太りは増長されていきます。部分太りは脂肪の蓄積とむくみ、またはその両方が原因となってあらわれるのです。

部分太りを防ぐにはどうしたらいいの?

部分太りを防ぐには、当然脂肪の蓄積、むくみを抑えることが必要となってきます。脂肪の蓄積は、過剰なエネルギー摂取、または栄養素の偏りによる代謝機能の低下が原因として考えられます。心当たりのある方はまず適切な食事管理を徹底しましょう。なお過労や睡眠不足も代謝機能の低下を招きますので注意が必要です。

そしてむくみは、運動不足、長時間の同じ姿勢、消化器官の機能低下などが原因として考えられます。血流を悪くする習慣や消化器官に負担を与えるような行いは避けておいたほうが懸命です。誰しも部分太りは訪れるものではありますが、これを最小限に留めたいという方は上記項目に注意しつつ日常生活を送るといいでしょう。


writer:サプリ編集部