月9日、大金を支払って生質問したファンに対し、わずか2文字で回答した女優ジェン・シュアンについて、批判の声が高まっている。写真はジェン・シュアン。

写真拡大

2017年4月9日、大金を支払って生質問したファンに対し、わずか2文字で回答した女優ジェン・シュアン(鄭爽)について、批判の声が高まっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

ここ2年あまり、お騒がせ女優としてたびたび話題になっている。15年には病的に痩せたため拒食症の疑いが報じられ、ドラマがクランクアップした昨年秋以降は、公の場面に姿を見せなくなった。このほか中国版ツイッターの裏アカで暴言を吐いたり、ファンに金銭をねだるような投稿文も話題になっている。

最近では中国版ツイッターで新たなグループを作り、「ファンに一定のレベルを求めるため」として入会金200元(約3200円)を徴収している。このほど、同グループに在籍するファンが6666元(約11万円)を支払い、元カレである俳優チャン・ハン(張翰)らに「どんな思いを抱いているか」という直球質問をぶつけた。これに対してジェン・シュアンはわずか2文字を使って、「気まずい」と回答している。

これを知ったネットユーザーからは、「失礼だ」「相手は大金を払っているのに」「カネの亡者すぎる」などと、ジェン・シュアンの態度を批判する声が上がった。なお一方では、「当事者が満足ならそれでいい」「部外者が騒ぐことじゃない」などといった意見もあった。(翻訳・編集/Mathilda)