Apink チョン・ウンジからキム・ジフンまで…新番組「クライムシーン3」の豪華プレイヤーが公開

写真拡大

JTBC「クライムシーン3」のプレイヤー5人が公開された。

韓国で28日に初放送される「クライムシーン3」を率いるプレイヤーとして、映画監督チャン・ジン、タレントのパク・ジユン、お笑い芸人ヤン・セヒョン、Apinkのチョン・ウンジが確定された。

チャン・ジン監督は、シーズン2でとぼけた演技と鋭い推理力で活躍し、ファンからの再出演の要望が一番多かった出演陣のうちの一人だ。ピョ・チャンウォンとの緊張感溢れる心理戦から、パク・ジユンとのコミカルなカップル演技まで、俳優に劣らない演技力を披露した。

パク・ジユンはシーズン1と2に出演しただけに、「クライムシーン3」でもベテランらしい推理を見せてくれると期待される。シーズン1では、ベンダイアグラム推理といった独特な推理方法を編み出しながら最も多くの犯人を明かし、シーズン2ではさらに鋭くなった推理と番組の進行、そしてキャラクターを完璧に再現する演技力で好評を受けた。

シーズン2の最多出演者であるキム・ジフンもプレイヤーになって戻ってくる。ギャラリー殺人事件、チキン屋殺人事件、山荘殺人事件などで心理学科出身者らしい、高度な心理戦と優れた演技力でダークホースとして浮上しながら注目を浴びた。

今回のシーズンに新しく出演するヤン・セヒョンは、従来の出演陣に劣らない瞬発力と演技力の持ち主として知られている。チョン・ウンジも、長い間鍛えてきた演技力と特有の愉快な魅力で、ファンの心を捉えると期待される。

「クライムシーン3」は実際の犯罪事件を再現した状況において、出演者が自ら容疑者や関連人物になって、犯人を明らかにするRPG(Role-Playing Game) 推理バラエティ番組だ。2014年5月に初放送されて以来、映画より更に映画のようなストーリーラインと、出演陣の完璧な推理でマニア層を保有している。

昨年下半期に制作に突入した「クライムシーン3」の制作陣は、より完成度の高いストーリーラインと推理ルールをはっきりさせるために念を入れた。特に、現代の社会像を反映したストーリーとキャラクターが、番組への没頭度を高める予定だ。より強力になった「クライムシーン3」は、28日の午後9時に韓国で初放送される。