『キングコング:髑髏島の巨神』 (C) 2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

3月25日より公開中の『キングコング:髑髏島の巨神』が、公開16日間で観客動員100万人を突破、興収も16億円と大ヒットを記録していることがわかった。また、全世界興収も4月10日現在5億3435万4724ドル(約588億円/1ドル110円換算/Boxoffice Mojo調べ)となっている。

[動画]その怪獣は何を守ろうとしたのか『キングコング:髑髏島の巨神』緊急テレビスポット

本作は、『ドラえもん』『SING/シング』『モアナと伝説の海』などアニメ映画が強いこの春休みシーズンで、実写映画としてはダントツのヒットを記録。その要因として、開始早々からノンストップで繰り広げられるアトラクションなどが、怪獣映画ファンだけなく、女性やファミリー層にまで拡大したことなどが挙げられる。

また、100万人突破の大ヒットを受け、緊急オンエアされるテレビスポットも同時解禁された。「その怪獣(モンスター)は、何を守ろうとしたのか」というナレーションとともに、コングの活躍を描く本動画も見逃せない!