最終日にようやく60台のスコアをマークした松山英樹(25歳)。初日から「76」、「70」、「74」、そして「67」と4日間通算1アンダー、11位タイの成績で今年のマスターズを終えた。

 7バーディー、2ボギーの最終日。もちろんタラレバになるけれど、もっとスコアを縮められるチャンスはいくつもあった。いや、最終日ばかりではない。

 初日から松山を悩ませたのは、パッティングである。


6度目のマスターズ、松山英樹はパッティングに泣いた それに関して、松山はこう語った。

「応急処置ができるレベルではない(ほど悪かった)ってことですね。もう一度、応急処置的ではなく、しっかりとしたものをつくりたい」

 そして、なぜかグリーンのタッチを「合わせられなかった」と言った。

 松山にしては、珍しいことだと思う。普通ならば、初日から試合が徐々に進むにつれて、タッチを合わせられるようになっていく。いや、松山クラスの選手ならば、本能的に合っていくものだ。

 ところが今回、松山には珍しく3パットの場面が目立ち、わずかな差でカップに嫌われる場面が最後まで目についた。松山は言う

「初日と最終日で(会場の)雰囲気も、グリーンの状態もぜんぜん違いますし、まあ、それがオーガスタだと思うので、それに対応できるように(これからも)がんばります」

 今回の11位タイというのは、”日本人選手”という立場であれば、確かに「よくがんばった」と賛辞されるけれど、松山の場合は世界ランキング4位。さらに、メジャー制覇に最も近い選手のひとりとして、全米のメディアからも注目されていたのである。

 ゆえに、当然松山も「悔しい」わけである。

「いや、今までのマスターズでも悔しかったことはたくさんあるので、(今年が)特別ということではないです」とつけ加えたが、僕は相当悔しかったはず、と思っている。

 結局のところ、今回の松山はピークが一度下がって、そこから修正していく昇りカーブの途中だったかもしれない。一抹の不安を抱えていたことも確かだろう。けれどもそれ以前に、松山の、マスターズ優勝に対する期待感や、熱い思いが強すぎたのだと思う。自分のトータル的なコンディションと、そのバランスが悪かったのだ。

 松山に欠けていたのは、”程よい緊張感”がなかったことだと思う。

 程よい緊張感を保ちながら、どこか精神的にも余裕を持ち、しかも戦闘モードで……と、よく言えば”中庸”。ちょうど弓の弦の張り具合と同じで、張りすぎても、緩みすぎてもいけない。それを言い換えると、なんとも矛盾した心情になるわけだが、松山の心情は一方に偏りすぎていた。

 気合いや「勝ちたい」という夢の強さがある。そして、実際に勝てそうなところまで来ている。だから、余計に気持ちが強すぎる。

 この張り詰めすぎた弦の状態は、時にコントロールを失うことがある。操作不能……。

 そう考えると、松山の4日間、72ホールの、どこかスイッチの入らない、スイッチを入れるチャンスやタイミングを見失って、迷走してしまったようなゲーム内容が納得いくのである。

 松山が結果を出すには、彼の、マスターズ優勝に対する情念のような”魔物”を、何とかしてコントロールしなければいけないのだと思う。張り詰めすぎた弦を、ほんの少しでも緩めれば、自分を追い込まずに心の幅も広がって、もっといいプレー、普段の実力どおりのプレーができるのではないかと感じた。

 その松山は大会後、とてもクールに語った。

「(マスターズで結果を出すには)調子を落とさなかったら、いい話なので。それが、練習で補えるなら、練習で補いますよ。まあ、3日目の後半と今日で、これだけいいショットが打てたので、そこは自信を持っていきたい。パッティングのレベルを上げて、昨年の年末ぐらいのパッティングができれば、絶対に勝てると思う。自信はあるので。それと、状態(のピーク)が、来年はここでくるようにしっかりと練習したいと思います」

 試合の行方は、これまでメジャー大会で何度も打ちのめされ、スランプを乗り越えてきたセルヒオ・ガルシア(37歳/スペイン)と、やはり同じような苦労を重ね、遠回りしてきたジャスティン・ローズ(36歳/イングランド)の一騎打ちとなった。最後はプレーオフの末、ガルシアが勝利。初のメジャー制覇を飾った。

 ガルシアは「神の子」と呼ばれる神童だった。スペインの英雄セベ・バレステロスと、その弟分であるホセ・マリア・オラサバル(51歳)が「じっくりと弟のように育てよう」と決めて育った選手である。

 セベも、オラサバルも、マスターズを2勝している。末っ子的な存在だったガルシアが、ようやく初優勝を遂げた。

 セベは2008年、脳腫瘍で倒れた。以来、手術やあらゆる治療を繰り返してきたが、残念ながら2011年5月7日にこの世を去ってしまった。

 ガルシアの戴冠は、奇しくも、そのセベの誕生日だった。


マスターズの情報が満載!
三田村昌鳳氏のフェイスブック『All about The Masters』はこちら>

■ゴルフ 記事一覧>>