あなたの勝負服に違和感ない!? 出会いの場で「ナシ認定」される5つのウソ

写真拡大

【相談者:30代女性】

私は初対面の異性と出会う場が苦手です。
人見知りをするからとかではなく、単に初対面の場に良い思い出がないのです。

たとえば合コンに参加しても、当たり前のように私だけ男性陣から連絡先を聞かれませんし、婚活パーティーに参加しても誰も寄ってきてくれず、フリータイムは基本ひとりで過ごしています。

もちろん、自分に何か原因があることは理解しているのですが、何がいけないのかまではわかりません。
初対面で成果を残せない私はどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

●自分を良く見せるための小さな嘘や見栄が逆効果となる場合もあるのです。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

出会いの場において、第一印象は最も重要なポイントだと言われます。
とはいえ、実際は第一印象で多少失敗したとしても、その後の第二、第三印象で挽回をはかれば、自分の印象を良くすることは可能です。

ただ、これはあくまでも最初の印象が少し悪かった場合だけに使えるテク。
最初から取り返しのつかないほど悪い印象を残してしまうと、そこから挽回することは難しく、せっかくの出会いを次につなげることはほぼ不可能となるのです。

おそらく、相談者様のようにいつも出会いの場で失敗してしまう女性は、その第一印象に大きな問題があるのでしょう。

そこで今回は、20〜30代男性の方々から出会いの場で「この子はナシだな」と判断するポイントについて聞いてきました。
もし、初対面でうまくいかないとお悩みの女性は、これを機に自身が第一印象を悪くする行動をしていないか思い返してみてください。

●(1)話を盛っているのがバレバレ

『明らかに地味っぽい子があたかも恋愛経験豊富であるかのような振る舞いをしたり、過去の恋愛話に脚色を加えて話したりしているのがバレバレの子は、即恋愛対象外になります。だって、初対面でわかりやすい嘘をつく子に良い印象は抱かないでしょう?』(32歳男性/建築士)

合コンや婚活を始めとした出会いの場では、自分をアピールできる時間が限られています。
いかに短時間で良い印象を残すか が、今後の命運を分けるカギとなるのです。

とはいえ、明らかに話を盛りすぎた自己アピールは嘘であることがバレバレであり、男性からも“見栄張りの女性”として見られてしまいます。
これでは、恋愛対象からも即外されてしまうでしょう。

自己アピールでは話を盛らずに、ありのままの自分を語るようにしましょう。

●(2)勝負服に違和感がある

『たまに合コンに行くと明らかに男ウケを意識した勝負服で来る子がいるけど、そういう子って大体服装と髪型とメイクのバランスが悪いんだよね。きっと、普段は違う感じの服装を着ているんだろうけど、「今日は合コンだから男ウケを狙った服装にしました」みたいな。そのいかにもな感じが俺は嫌だな』(24歳男性/美容師)

今も昔も、ファッション雑誌等を目にすると、必ずといって良いほど、男ウケする服の特集が組まれています。
そのため、出会いの場に行く際は、男ウケを狙ったモテ服を勝負服として選ぶ人も多いのでは?

とはいえ、当然のことながら普段からそのようなモテ服を着ていなければ、服に合わせたヘアスタイルやメイク、小物の組み合わせなどがわからず、全体のコーデがちぐはぐとなってしまいます。
そこから、男性陣に無理をしている事実 がバレ、恋愛対象外にされてしまう可能性もあるのです。

●(3)「数撃ちゃ当たる」精神が丸見え

『前に友達に誘われて街コンに参加したとき、5分間隔で違う男性に話しかけ、連絡先を聞いては別の男性のところに行くみたいな二人組の女性がいたんです。「とにかく数撃ちゃ当たる!」って感じの肉食精神が丸見えで、恐怖を感じました』(29歳男性/調理士)

恋愛において、出会いを見つけるためには質より量であると考える女性もいます。もちろん、その考えはあながち間違いではなく、出会いが多ければ多いほど、自分に合う人と巡り合う確率も増えることでしょう。

ただ、周りの目が届く場で大勢の男性に声をかけ、連絡先交換を迫るなどの行為はやめましょう。
おそらく、その肉食ぶりを見た男性陣からは「男なら誰でも良いのかよ」 と引かれてしまいます。

出会いの量を増やしたいのであれば、一か所で多くの男性に声をかけるのではなく、出会いの場に行く機会を増やす 等の方法をとるようにしましょう。

●(4)他の女性を比較対象に挙げる

『合コンで女友達を持ちあげる振りをして、実際は貶しているみたいな女が無理です。「○○ちゃんはモテるから交際人数も多いんだよね〜。私は付き合ったら長いから、全然経験も少ないしモテないもん」って感じで遠まわしに女友達の評価を下げる子とか絶対に腹黒でしょ? もうその時点でナシですよ!』(27歳男性/システムエンジニア)

合コンでは、ときにその場にいる他の女性がライバルとなる場合もあります。
そこで自分に興味を持ってもらうためには、他の女性と差をつけ、男性陣の目を引くことが重要となってくるでしょう。

ただ、他の女性を遠まわしに貶したり、自分を持ちあげるための比較対象として利用したりする腹黒行為は、男性にもすぐ見抜かれます。

結果的に周りの女性の印象を良くし、自分の印象だけを下げることとなるでしょう。くれぐれも、他の女性を利用するまねはしないように。

●(5)振ってくる話題が重い内容ばかり

『婚活パーティーに行ったとき、初っ端から「両親の体調が良くなくて」「早く結婚して安心させてあげたい」みたいな話題を振られたときは、さすがにドン引きでしたよ。どれだけ重い女なんだよって。気持ちはわかるけど、初対面の男性に話す話題じゃないでしょ』(34歳男性/機械組立工)

出会いを求める女性の中には、同情で男性の気を引こうとする人もいます。

実際、つらい状況に置かれた女性を前にすると、男性には「自分が守ってあげないと」という保護本能が働きます。
それが恋愛に発展するきっかけを与える場合もあるのです。

しかし、男性の同情を買いたいがために、重すぎる話題を振るのは逆効果となるだけ。
ましてや、初対面の男性に重い身の上話をしたところで、相手からは引かれ、一方的に距離を置かれる ことになるでしょう。
初対面の場では、お互いが楽しめる話題を提供する心がけ を忘れないようにしましょう。

----------

しかし、その小さな偽りが第一印象を悪くする原因をつくっていたのです。

初めて会った相手に素の自分を見せることは、勇気がいる行動かもしれません。
でも、その素の振る舞いが嘘をつかない誠実な女性として見てもらえ、好印象を抱かれるきっかけを生むのです。

これからは、偽らずに素の自分を見せていってはどうでしょうか。
きっと、初対面の異性との出会いも二度目、三度目の再会へとつながっていくはずです。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)