涙をのんでぶった切って…セブンの「ことり」 & 「うさぎ」のまんまるムースケーキは眺めて食べてほんわりシアワセ〜!

写真拡大


可愛いものに目がない皆様おまちかね、本日4月10日はセブン・イレブンの「ことりのムースケーキ」と「うさぎのムースケーキ」の発売日です。

去年はあまりの可愛さに午前中には売り切れてしまったとの情報を耳にしたので、発売日の午前中に私も早速買いに行きました。取り扱っていない店舗もあるようで、3軒目のセブンでようやく発見。

このふたつのケーキが並んだデザートコーナーはめちゃんこ可愛い空間になっていましたよ♪

【か、かわええ】

つぶらなお目目でこっちを見つめてくる「ことりのムースケーキ」の表面のもこもこした産毛は細かく砕いたスポンジで表現してあります。頭の上には、ホワイトチョコでできたたまごの殻がちょこんとのっています。


ちょっぴり困り顔で、口元の「ω」がたまらない「うさぎのムースケーキ」の外側の白い部分はバニラムース。「ことり」とくらべて産毛がないぶん、つるんとしています。
大きさはテニスボールを半分に切ったくらい。まんまるいドーム型のフォルムなので、上から見るとちょっと面白いです。きみたち、ホントにまんまるだね。

【涙をのんでぶった切る】

ひと通り見た目の可愛さを味わってから、泣く泣く断面を切ってみると「ひよこ」は外側から
・砕いたスポンジ(黄)
・チーズムース(白)
・ミックスベリームース(ピンク)
・クッキー(黄)
・スポンジ(薄茶)
という5重構造になっていました。


「うさぎ」は、外側から
・バニラムース(白)
・チョコムース(濃茶)
・チョコクッキー(濃茶)
・スポンジ(薄茶)
の4重構造になっています。

【超絶やわらかいとこにくるザクザクのずるさ】

それそれ2種類のムースはホイップクリームかと思うくらい超絶やわらか〜い! このほんわりした食感が口の中で溶けてなくなると、心の中でもやもやしてたことも一緒に消えてなくなりました。

そんなやわらかさに対して、内側のクッキーのザックザクした食感。お互いの違いがあってはじめて感じるそれぞれの存在感がなんかもうずるい。ぜひ躊躇せずに全層をいっぺんにいっちゃってください。

「ひよこ」は全体的にチーズのリッチな香りで満たされますが、ベリー系のムースのおかげで後味は爽やかです。「うさぎ」の白いムースはバニラにちょっとミルク感が足された印象で、お耳のストロベリーチョコも絶品でした。個人的には「ひよこ」が好きです。産毛も可愛いしね。

【まとめ:眺めて食べてほんわりシアワセ〜】


お値段は税込328円とコンビニスイーツの中では若干お値段は高めですが、ここは迷わず「ことり」「うさぎ」を両方購入しちゃいましょう。ツーショットが可愛いからです。

もはや美味しくなくても可愛いさだけで許されそうですが、食べてみたらほんわりシアワセになれる美味しさでした。こりゃ買わなきゃ後悔するぜよ。かなりの争奪戦が予想されるので見つけ次第ぜひ購入すべし!

参考:セブン・イレブン
撮影・執筆=黒猫葵 (c)Pouch

画像をもっと見る