【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の韓国首席代表を務める金ホン均(キム・ホンギュン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と中国首席代表の武大偉朝鮮半島問題特別代表は10日、ソウルの外交部庁舎で会談し、北朝鮮が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射などの戦略的な挑発を強行する場合、強力な追加措置を取ることで一致した。金氏が会談後、記者団に述べた。
 ただ、中国が強く反発している米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備問題について、武氏は「中国の基本的な立場を繰り返した」と伝え、反対の姿勢を崩さなかったことを明らかにした。