一台の怪しいフェラーリ458イタリアを、カメラが捉えました。

まず気づくのは、「458」にはないサイドエアインテーク。また、トリプルエキゾーストパイプは、左右デュアルエキゾーストパイプに変更されています。

カメラマンの情報によれば、このプロトタイプは、2019年にも復活が噂される名車「ディーノ」の初期試作車だと言います。

「ディーノ」は、1967年から僅か2年間販売された、V型6気筒搭載のミッドシップ2シーターモデル。フェラーリ伝統のV型12気筒と差別化し、独立ブランドとして発売された異色モデルでもあります。

パワートレインは、アルファロメオ ジュリア「クアドリフォリオ」に搭載されている2.9リットルV型6気筒DOHCツインターボが有力と思われ、最高馬力は600ps程度にハイチューンされる可能性もあります。

2015年にディーノ復活を匂わせた、フェラーリ会長・マルキオンネ氏のメッセージが現実味を帯びて来たようです。

(APOLLO)

復活のフェラーリ・ディーノ試作車をキャッチ!アルファロメオ・ジュリアとパワートレインを共有?(http://clicccar.com/2017/04/10/460982/)