IU、4thフルアルバムの発売を控えた心境告白「タイトル曲の選定が難しい…時間がない」

写真拡大 (全2枚)

歌手IU(アイユー) が4thフルアルバムの発売を控えて緊張感を示した。

IUは8日午後、自身の公式ファンコミュニティに長文のメッセージを残した。3月に発売した「夜の手紙」、4月7日に発売した「愛がよく」に関連した感想を明かした。

IUは「みんな、よく聴いていますか? もう2週が経ち、2番目の先公開曲が出ました」と挨拶した後、「『愛がよく』は今回の収録曲のうち、1番早くトラックが出来ました」と満足感を示した。

また「作曲家イ・ジョンフンさんがトラックを作り、サビの歌詞が大体完成すると、バンドHYUKOH(ヒョゴ) のボーカルオ・ヒョクさんを思い出した。同い年の友人で、2人ともこだわりがあるから終始言い争うことはあったけど、とても楽しく作業した曲だ」と説明した。

「『夜の手紙』が大衆的で親切な曲だとすると、『愛がよく』は前回も書いたように私にとってはある試みだ。私が披露するR&Bトラックに馴染んでいないファンの皆さんがどうやって受け入れるかちょっと心配だし、歌詞もフィルタリングなしに勝手にしゃべるように書いたから『夜の手紙』公開直後2番目の先行公開曲としてちょっと不慣れな曲になるかもしれないと思った。私のアルバムの中で両極の性格を持つ曲でもある」と心境を明かした。

IUは21日に4thフルアルバムのタイトル曲をはじめ、すべての収録曲を公開する。これに関しては、「タイトル曲の候補が2曲あるけど、今もちょっと悩んでいる。朝にはこれがいいけど昼にはあれがよく、夕方になるとまたこれがいいように思えて…難しい」とし、「時間はないけど…ま、前向きに考えればそれほどいい曲が多いという話です」とときめきを伝えた。

IUの「夜の手紙」は、9日に韓国で放送されたSBS「人気歌謡」で出演なしに1位を獲得した。