ラピュタの「ロボット兵」フル可動モデル 四つん這いや飛行状態など特徴的なポーズを完全再現

写真拡大

バンダイは、スタジオジブリ作品に登場するメカをモデル化する「想造ガレリア」シリーズから、映画「天空の城ラピュタ」古代兵器の彩色済み可動フィギュア「ロボット兵(Full Action Ver.)」の予約受付を、直販サイト「プレミアムバンダイ」で2017年4月6日に始めた。発送は10月の予定。

鋼鉄で覆われた外装はマットな質感

trend_20170410144610.jpg 甲冑のような素材感とスチームパンクを併せ持つディテール

劇中で「飛行石」を持つラピュタ人に従う「ロボット兵」を約118ミリで立体化。腕部と脚部は腕時計の金属ベルトを参考にしたという広い可動域を備えた機構を採用し、全身57箇所以上が可動。"四つん這い"や格納状態などの特徴的なポーズや、差し替え用腕パーツを使用すれば飛行ポーズも取れるなど、劇中の様々なシーンを再現可能だ。

外装部分は劇中イメージを重視したマットな質感で表現し、鋼鉄で覆われた甲冑のような硬質な素材感を再現。頭部のレンズ部分は、後部から光を取り入れて発光して見えるような構造とし、また胸部はクリア素材を使用した「ラピュタ」のエンブレムを配した。

ディスプレイ用アームが付いた専用台座、格納状態をよりリアルに再現できるケーブルパーツが付属する。

価格は7560円(税込)。