林次官との面会後、記者団に話す長嶺大使=10日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】長嶺安政・駐韓日本大使は10日、韓国外交部の林聖男(イム・ソンナム)第1次官との面会後に記者団に対し、「シリア情勢、北朝鮮問題が足元の大きな課題となっているが、日本と韓国がきっちり連携を取って協力していく必要がある」と述べた。

 また、「日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)が昨年結ばれ、日韓間の交流が非常に進んでいる」と話したほか、「日米韓3カ国協力も進んでいる」との見解を表明。「こういったことを土台にして日韓関係をさらに前に進めていこうということで話をした」と述べた。
 長嶺大使は釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として、1月9日に一時帰国していたが、今月4日に帰任した。
 長嶺大使は記者団に対し、慰安婦問題や少女像問題については言及しなかった。林次官との面会では釜山の日本総領事館とソウルの日本大使館前に設置されている少女像の移転を求めたとみられる。
kimchiboxs@yna.co.kr