えんそく/撮影・沢田ポンヤ

写真拡大

4月4日に3年ぶり待望のフルアルバム『惡道に死す』をリリースしたえんそく。前作『惡童のススメ』の続編にあたる本作は、「続編」で「4th(フォース)」だから「死す(シス)」――ってダジャレじゃないですか?

まさに“惡の秘密結社”!? えんそく フォトギャラリー

と、一見ふざけているようにみえるものの、えんそくだからこそできる、はみ出し者たちの一大抒情詩的世界観と遊び心満載の楽曲は一聴の価値があります。

そのアルバムを引っさげて4月9日の梅田CLUB QUATTROを皮切りに、昼は無料ワンマン、夜は通常ワンマンという前代未聞の全国ツアーを決行中のえんそくに直撃インタビュー。撮り下ろしの写真とともにご覧ください。

ライブに対する向き合い方が変わったかもしれない。(ぶう)

――えんそくの「ウレぴあ総研」初登場が2012年なので、実は初登場から約5年くらい経っているのですが、当時にくらべてバンドを取り巻く相当環境も変わったのでは。

クラオカ:そんな経ってます?

ぶう:たしか最初は西遊記の衣装の時だよ。

ミド:まぁ変わったことといえば、そもそもメンバー変わってますしね。

――それもありますけど、あのときは2度目のO-WEST公演を控えていました。その後えんそくはO-EASTでの2度のワンマンを行って、しかも昨年のO-EASTワンマンは大成功だと思いました。

そういったことを経て、バンドの変化は感じますか?

ぶう:ワンマンが「あたり前のこと」になってきましたね。12ヶ月連続ワンマンだとか、1週間連続ワンマンだとか色々やって。ワンマンの本数が半端じゃなかった。その結果ライブに対する向き合い方が変わったかもしれない。

悪い言い方すると「1個1個のライブに120パーセント出し切る」だったのが、「今回のライブどうする? どの楽しみ方をする?」という風に変化しているかもしれない。

――良い言い方をしたら「選択肢が増えた」ということでしょうか?

ぶう:そうですね、ライブをいっぱいやってきて、たとえば無料ライブや去年のアルタ前(1月に新宿ステーションスクエアで行われたゲリラライブ)のように、「今日は完全に新規に向けたライブをするぞ!悪いけどいつも観てる人はハレの日だし”サクラ”として一緒に楽しんでください」みたいなライブもあるし。

去年は初めてファンクラブ旅行のようなものもやったんですが、「ここはコアな人しかいないだろう」という場所なら、えんそくのはみ出した部分も見せることができますし。

これが単発でドーンとやるワンマンだと、初めて見る人もずっと見てくれてる人も納得させなきゃいけないじゃないですか。手加減するところ、コアなところを考えて、いろんな要素を詰め込んでやらないといけない。

今回のワンマンツアーも無料と有料がセットになっています。
2回あるから、新規に向けたライブと、コアな人に向けたライブとカラーをわけてできるんですよ。

――つまり、昼間に開催される無料ライブ(「惡道を進め!〜MAKE YOU FREE HEAVEN'S GATE〜」)と、夜に開催される有料ライブ(「惡道を進め!〜迷宮牢獄門〜」)の内容は完全に変えていくのでしょうか。

ぶう:変えていきます。これ、メチャクチャいいアイデアだと思っていて、他のバンドもみんなパクったらいいのになぁと思うんですよ。箱代も少し高くなるくらいで、ほぼワンマン一本の費用でいろんな人に間口を広げられるじゃないですか。

――リハーサルやメイクの時間を考えると、早朝から準備が必要ですし、体力的に大変そうですね。

ミド:もう一生メイクしてますよ。

ぶう:みんな「体力的に大変でしょ?」っていうけど、逆にいうと体力以外は大変じゃないんですよ。若いバンドたちはガンガンやっていけばいいのに。

やっぱり「惡」くないと。(ミド)

――そして「惡道を進め!」ツアーに合わせて新しい衣装が公開になりましたね。ひとことで表すと「ウシノシタ団再び」といった趣きですが。

ミド :やっぱり「惡」くないと。前回のウシノシタ団を越えないといけないじゃないですか。

――ミドさん、歯もギラギラしてゴールドのアクセサリーもジャラジャラしてて、前回の「トカゲパンク」から大きく変わったのはなぜでしょうか?

ミド:今回はトカゲパンクの上を行くにはどうしたらいいか考えました。どうしたと思います?

――(質問を質問で返す?)わかりません。

ミド:ですよね。(ここで帽子をとる)パンチパーマにしました。

――トカゲパンチ!?

ミド:トカゲがついてますから(ここで椅子から立ち上がって股間部分のトカゲを見せる)。

ぶう:ミドの衣装は上着の前をしめるとすごいセクシャルなんですよ。

クラオカ:それトカゲしまえないの?

Joe:逆にそうすると「もっこり」してしまうんですよ。

――「惡」というか、もはや変質者ですよ。

ミド:以後、よろしくお願いします。

ぶう:今日本にパンチパーマで緑髪の人間、いないですよ。

――近年まれに見るヴィジュアルショックですよ。

ぶう:これは新たな地平を切り開いたね。「開拓者」って呼んでください。

ミド:だってパンクはファッションですけど、パンチはファッションじゃないですよ。

――ダジャレじゃないですか。

ミド:パーマを当ててくれた床屋のおやっさんも「こんなパンチをあてたのは久々だ」と言ってましたね。

ぶう:とにかく、惡の秘密結社の幹部っぽい感じにしたかったんです。軍服より上に踏み込みたかった結果こうなりました。そしてクラオカさんはローリー寺西です。

クラオカ:俺はそうです。どうすか? この「(衣装が)繋がった感じ」。最高じゃないですか?

――たしか、前回のウシノシタ団にはミドさんが「トカゲパンク」で、Joeさんが「肩幅レディ」という名前がありましたよね。そういえばクラオカさんは……。

クラオカ:なんか名前なくて、前はなんとなく「参謀」って呼ばれてました。

Joe:クラオカ参謀。

ぶう:じゃあ今回はローリー参謀だね。

クラオカ:「ローリー参謀」! ハハハ、もうそれ「俺」じゃないですね!

Joe:私は今回ドラァグクイーンらしく、と言われてたんですけど。さっき編集部のお手洗いお借りしたんですけど、……すごく見られますね。

ぶう:どっち入ったの?

Joe:当然「青い方」ですよ! それで手を洗って出ようとしたら、ちょうど入ってきたおじさんと鉢合わせになって……、そのおじさんの靴が「キュッ」っていいましたからね。

ぶう:ブレーキかかっちゃった。

――すみません、ぴあで撮影してると一般の社員の方々にそうやって驚かれるのは「あるある」なので……。

ミド:でも我々は惡の秘密結社だから気にしませんから。ビビらせていきます。

ぶう:そしてボーカルは『がきデカ』です。「死刑」ってことで。

――ダジャレじゃないですか。

アルバムは噛めば噛むほど味が出るかもしれない。(クラオカ)

――改めてお伺いしたいんですけど、『惡童のススメ』『惡道に死す』のコンセプトでもある、惡の秘密結社「ウシノシタ団」とは一体何なんでしょうか。

ミド:わかんないです。

Joe:わかんないです。

クラオカ:わかんないです。

――はいっ?

ぶう:惡の秘密結社って謎が多いじゃないですか。

ミド:わかんない方がいいじゃないですか。

――では「どうして惡の秘密結社なのか」という質問に変更します。

ぶう:まあ前の『惡童のススメ』が3年前のことなんで忘れてることもあるんですけど、えんそくってイロモノ的な衣装が多かったじゃないですか。そもそも、そうありたかったし。

だから西遊記コンセプトでもボーカルが豚とか。そういうのもあって「えんそくってイロモノでしょ?」というイメージはあったと思うんです。で、あえて軍服というベタな衣装をコスプレ感覚でやってみようというところからスタートしたのかな。「ボクらも皆がやってるみたいな軍服着たらええやん?」みたいな。

その理由付けとして「惡の秘密結社」っていう設定ができたんじゃないかな。

クラオカ:たしか衣装が秘密結社っぽいっていうところから始まった気がする。

――「あるある」からスタートしたコンセプトをもう一度やる理由は?

ぶう:それが偶然なんですけど、僕の目指してるライブ感やメッセージとすごくハマったんですよね。世界観的にすごくハマって入り込めて、その影響もあっていいライブが出来て、お客さんの反応もよくて、だからまたやりたかったんですよね。

――そして、続編にあたるニューアルバムタイトル『惡道に死す』が4月4日に発売されました。

ぶう:それはまたアレなんですけど、今回は4th(フォース)アルバムなんで……。

――『スター・ウォーズ』の「シス」?

ミド:ダジャレです!

ぶう:ちなみに次のアルバムは「ゴス」を提案したら却下されました。

――そこダジャレにしちゃったんですか。

ぶう:はい、だからアルバムのタイトル考えてから歌詞とかも色々考えました。

――完全に後付けなのですか。

ぶう:そうですよ、いつもだいたい後付けです。だってずっと同じことを歌ってるんで、外枠は自由でいいというか。逆に外枠が変わってくれないと、中身が同じだということがバレる。

――ぶうさんとしては、ずっと同じことを歌ってるという自覚があると。

ぶう:多分ボクらが衣装を脱ぎ捨てて、普通の私服で歌うバンドだったら、こんなに何枚もCD出せないですよ。「全部一緒やん」って。「今回はフォースだからシスだね、死だね」みたいな外枠を考えて変えるのが楽しいんです。

手塚治虫作品のスターシステムみたいに、設定は違うけどキャラクターは同じみたいな。外枠はなんでもいいという自由さはありますね。

――今回のアルバムは「死」をテーマにしているとのことですが、前作にあたる『惡童のススメ』は牧歌的なSEで始まってました。今回は1曲目からシリアスというか……。

ぶう:わりとダークに始まって、めっちゃ疲れるっていう。前回はJoeさんが入って初めてのフルアルバム。2度目の「ファーストアルバム」というコンセプトだったので、入り口になるようなアルバムだった。今回は「シス」だし続編なので。もちろん誰が聴いてもいいものは作っていますけど。

と、同時に伏線回収というか、知ってる人はより面白いものになっていると思います。

――なるほど。

ぶう:もともとワンマンツアーで1日2本やることは決まっていて、つまり有料ライブの方には必ずこのアルバムの曲が確実に入ることになるじゃないですか。だからライブ向けに暴れられそうな曲を、ということは念頭にありました。

それが結果「死」というテーマに相応しい、黒い曲になりました。だから聴くのに覚悟がいるというか、イージーリスニングに向かない。

クラオカ:前作よりハードコアになったかもしれないですね。それが最後の方になると底抜けに明るくなっていくんですよ。だから噛めば噛むほど味が出るかもしれない。それに、1曲目から再生したときにサイレンが鳴ってるんですよ。

ぶう:そのベタさもいいですよね。ついにえんそくにもサイレンが。

クラオカ:今まで出し惜しんできたのが。

ぶう:出し惜しんでたの? それは知らなかった!

ちなみにこのアルバムは12曲収録ですが、7月に「13曲目」にあたるシングル『金曜日のチェンソー/天獄への十三階段』が出ます。やっぱり13で終わりたいじゃないですか。

「12」はひとつのまとまりですけど、「13」って忌み数、死の数字ぽい。なんか最近ずっとスピリチュアルなこと言ってんですよね。

だからえんそくは古臭くてもいい。(ぶう)

――スピリチュアルというわけではないんですけど、ぶうさんの歌詞って、ずっと「世界の終末」「惡の秘密結社」が出て来る一方で『合唱リーダー深沢』のように、クラス内での出来事みたいな個人的なものがあって、それが全部並行して描かれるじゃないですか。

ぶう:ボクの中2の頃から変わっていない部分を出すのがバンド(活動)だと思っているから、ボクらが中学生だった頃の「1999年がもうすぐ来る」という終末感と、日々がつまらなくて「なんか楽しいことないかな」と鬱屈した感じが相まって「あの時代特有の中2感」を構成していたと思うんですよね。

――「つまんない日常」と「世界の終わり」が直結してる。

ぶう:当時の感覚としては直結してましたけどね。オカルト番組もテレビでいっぱいやってたし、僕は中央線で生まれ育ったんで、小学校の遠足になると高尾山に行くわけです。矢追純一が高尾山でUFOカフェをやってたり。そんな環境のなかでUFOやオカルト、ノストラダムスの大予言を希望として捉えていたというか。

授業中にテロが起こる妄想、隕石が落ちてきて自分だけ生き残る妄想とか。今の子供たちもするんですかね? 皆やってたと思うんですよ、暇な授業中に。その妄想をする上で、ボクらの世代には「1999年終末」っていうのがあったと思うんです。

その頃の気持ちがずっと残っていて、滅亡や死を肯定的に、「チャンスだね」という風にとらえてる。これって突飛な思考ではないと思うんですよ。

――これは前作『惡童のススメ』収録の『1999年のブルース』の歌詞の中にも”「アンゴルモア」を待っていたら夏が終わってた”とありますけど「起こらなかった」わけじゃないですか。そして今は2017年ですよ。

ぶう:すごいですよね。つまり今10代〜20代前半の子たち、その終末感は知らずに生きてることになるんですよね。だからこのボクの感覚を共有できるかどうかわからないけど、「世の中なんかひっくり返るようなおもしろいことがねえかなあ」と思ってる、そういう非日常に憧れる気持ちは脈々とと続いてるだろうし、皆持ってると思うんで、そこに訴えかけられたらいいなと思うし。

そういう終末感に対して嘘なく言える世代に生まれて良かった、そこを武器にしたい。

――サウンド面でも遊び心というか、その時代の要素がふんだんに盛り込まれてますね。

クラオカ:おっ。ありますあります!

――すごくわかりやすいところでいうと、『キャトル』の随所にhide with Spread Beaver の――。

クラオカ:『ever free』です!

ぶう:回顧主義じゃないですけど、97〜00年初頭ってCDの黄金期じゃないですか。

――CD売上は98年をピークに下がっているとのことです。ちょうど世にいう「V系ブーム」もその時期ですね。

ぶう:ボクら4人、その頃にCDを買っていた世代なんですよね。だからその時期のことが全部基盤になっている。集まってノリで「アレだよアレ」っていうと出てきちゃうんです。

それを封じることなく、ボクたちがかっこいいと思ってたものを今やってもかっこいいはずだよと、堂々とパクっていこうよと。

ミド:いいものはいいじゃないですか。

――「パクってる」というよりは「オマージュ」ですよね。

ぶう:1曲目と2曲目のつなぎなんかも、聴く人が聴いたらピンとくるかもしれない。

クラオカ:メチャクチャやりたかったんですよ、あれは絶対に。

ぶう:これは「それ」がやりたくて、わざわざアレンジ変えたんですよ。

――わかった人はニヤリとするヤツですね。

ぶう:世の中の人たちは流行の先端を追うじゃないですか。流行ってるものを追っていくと思うんですけど、果たしてそれが望まれてるのか? という思いがあって。俺達はそういうCDは聞きたくないかなあ。

新しいものは新しいものでかっこいいと思うけど、"「新しいもの」を追ってるもの"には興味がない。だからえんそくは古臭くてもいい、とも思ってます。

クラオカ:あの時代は「黄金時代」と呼ばれてましたし、俺たちはその畑から来ましたってわけだし。その頃かっこいいと思ってることを堂々とやって、「かっこいい」って言われたい。

――そのスタンスが結果的に楽曲の幅広さにつながっているのかな、と。

ぶう:ボクは曲作ってるわけじゃないけど、ボクにとっては音楽もさっき言ったように器だから「えんそくはこうじゃなきゃダメ」とかはないから、楽しくやれたらなんでもいい。

結果的に自由に音楽ができると思うし、それはそれで良し悪しとしてはあるかもしれないけど。

――90年代オマージュ以外にも、たとえば『そして計画は続く』は、近年頻繁にツーマンライブを行っていたLIPHLICHを彷彿させます。

ぶう:このアルバムもLIPHLICH とのツーマンツアー中に作ってたんですよね。ボクも久我くんのことはシンパシーやリスペクトを持ってますし。一緒にツアー回るにあたって、LIPHLICHぽい曲作ってアルバムにも入れようぜっていう。

――そういった、ここ数年間の積み重ねもこのアルバムには入ってるのかな、と。

Joe:前回のツアーはほぼツーマンでしたからね。

ぶう:最近のイベントに疑問があるんですよね。数字持ってるバンドがこのくらいいて〜みたいな。そういうイベンターのやり方ってイベント自体が盛り上がるわけでもなく、お客さんも目当てのバンドにしか興味持てないだろうし。

ツーマンは相手が見えてるからすごく楽しいんですよね。テーマがハッキリしてる。このお客さんに対してえんそくのこういうところを見せよう、みたいに出来ますし。

それに単純に楽屋が一緒で仲良くなって、仲良くなったバンドと戦うのってすごく楽しいから。お客さんにもそういうこっちの盛り上がりを感じて楽しんでもらえるんですよね。だから最近はそればっかやってます。良いか悪いかわかんないすけどね。

クラオカ:楽しいよね!

ぶう:だから今はワンマンツアーが始まって寂しいくらいですよ(笑)。

――9日からワンマンツアーも始まりましたが、最後になにかひとことお願いします。

ぶう:とにかく時間と労力を割いて観に来てほしいですね。お金はかからないとしても、損をすることはないと思います。もちろん無料ワンマンだけじゃなくて、チケット代を払ったとしても損をした気持ちにはさせないけど、それでも不安があるなら「とにかく無料だから来い」と。

とにかく一度観てほしい。理由なんて「話のタネに」でもいいじゃないですか。ライブハウスに足を運んで観てほしいですね。

ボクらはYouTubeとかでたくさん動画が手に入るバンドでもないんで、実際に足を運んで現地で体感してみてほしいですね。

スケジュール

無料ワンマンツアー

■「惡道を進め!〜MAKE YOU FREE HEAVEN'S GATE〜」

2017.04.16 (日)渋谷CLUB QUATTRO
2017.04.29 (土・祝)松本Alecx
2017.05.03 (水・祝)福岡DRUM SON
2017.05.05 (金・祝)岡山IMAGE
2017.05.07 (日)KYOTO MUSE
2017.05.13 (土)仙台長町RIPPLE

ワンマンツアー

■「惡道を進め!〜迷宮牢獄門〜」

2017.04.16 (日)渋谷CLUB QUATTRO
2017.04.29 (土・祝)松本Alecx
2017.05.03 (水・祝)福岡DRUM SON
2017.05.05 (金・祝)岡山IMAGE
2017.05.07 (日)KYOTO MUSE
2017.05.13 (土)仙台長町RIPPLE

追加公演
2017.5.26(金)沖縄Cyber Box