林次官との面会のため、韓国外交部に入る長嶺大使=10日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の林聖男(イム・ソンナム)第1次官が10日午後、長嶺安政・駐韓日本大使と非公開で面会した。

 長嶺大使は釜山の日本総領事館前に少女像が設置されたことへの対抗措置として、1月9日に一時帰国していたが、今月4日に帰任した。
 林次官との面会では旧日本軍の慰安婦問題を巡る韓日合意の履行や、慰安婦被害者を象徴する少女像の移転問題などについて言及したとみられる。
 また、長嶺大使の帰任後の両国関係について議論し、今後の基本的な協力方向に関しても意見交換したとみられる。
 長嶺大使は帰任した際にソウルの金浦空港で記者団に対し、「早速にも黄教安(ファン・ギョアン)大統領職務代行らの要人に直接会い、(慰安婦問題を巡る)日韓合意の実施について強く求めていく考え」と表明したが、外交慣例に合わない一方的な要請であり礼を欠くと指摘されていた。
 長嶺大使は黄氏や外交部・統一部・国防部長官らとの面会を申し入れたが、韓国政府はひとまず保留にしている。
 長嶺大使は帰任後、次官級で黄氏を補佐する青瓦台(大統領府)の金奎顕(キム・ギュヒョン)外交安保首席秘書官と面会している。
kimchiboxs@yna.co.kr