リアリティースターのカイリー・ジェナーが、現地時間8日にカリフォルニア州サクラメントにあるリオ・アメリカーノ高校のパーティーに参加した。

19歳のカイリーはこの日、友人のジョーディン・ウッズとリオ・アメリカーノ高校のジュニア・プロムにやってきたとのこと。カイリーはこの高校に通うアルバート・オチョアさんの相手として参加し、30分ほど滞在。プロムに参加していた高校生たちはカイリーが登場して大騒ぎになっている会場の様子をソーシャルメディアにアップしている。

ある生徒はゴシップサイト「ETオンライン」に「彼女が来るなんて知りませんでした! 大きなサプライズでしたよ」「みんなクレイジーになりましたね! みんな写真を撮ろうとしてものすごく叫んでいました」とコメントし、撮影許可の署名をしなくてはいけなかったが、学校のドキュメンタリー作品のためとしか聞かされていなかったと明かした。学校にはカイリーの出演しているリアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」の撮影クルーが来て、撮影を行っていたという。

どうやらアルバートさんはほかの女性にプロムに一緒に行くのを断られていたとのこと。カイリーがアルバートさんとプロムに行くことになった詳細は番組で語られることになりそうだ。

カイリー・ジェナー (c)Imagecollect.