Brave Girls、ライバルはGFRIEND「お互いに“ファイト”と応援し合っている」

写真拡大 (全2枚)

2011年にデビューしたBrave Girlsは今年1月、元メンバーのユジンとヘランが活動休止を宣言し変曲点を迎えた。これにより、グループ名では7年目となったが、デビュー2年目の新人だけで組まれたチームとなった。事実上、Brave Girlsシーズン2が始まったということになる。

いくつかの環境的要因がBrave Girlsを揺るがすが、Brave Girlsは自信を持って黙々と前進している。セクシーガールズグループのトップを夢見るBrave Girlsに会って、彼女たちの率直な話を聞いてみた。

――最近のガールズグループは爽やかでハツラツとした歌を披露することが多いですが、Brave Girlsはセクシーさを強調していますね。

ハユン:セクシーがBrave Girlsのカラーだと思っていて、大衆に印象づけている最中です。ステージの上で歌が始まる前、“この世で私が1番セクシーだ。全ての人々を惑わす”と呪文を唱えています。そしたらちょっとはセクシーになる気がして(笑)

――先月、ショーケースでGFRIENDをライバルに挙げ話題を集めましたが、ライバルに挙げた理由がちょっとユニークでしたね。

ウンジ:年下のいとこが、グループ名も曲名も知らないのに、GFRIENDの歌を続けて口ずさんでいました。羨ましくなって嫉妬しました(笑)

ミニョン:その後、放送局でGFRIENDに会いました。CDをプレゼントしながら、こっそり記事を読んだか聞いてみたんです。有り難いことに、GFRIENDのメンバーは私たちの歌をたくさん聴いてくれていて、とても好きだと言ってくれました。和やかにお互いに向け「ファイト!」と応援し合いました。

――年下のいとこが好きになるにはBrave Girlsはちょっと妖艶なのではないですか?

ユナ:だから兵士たちの心を掴もうと思っています。慰問公演に行って、その情熱と歓声を感じたいと思います。

ミニョン:慰問公演は歓声のスケールが違います。その熱気が本当に好きで、私たちまで通常よりもオーバーになります。段ボール箱の切れ端に応援フレーズを書いてくれたり、本当にかわいいです。1曲と決まっていても、もっと歌いたくなります。

――Brave Girlsが自信を得た瞬間はいつですか?

ハユン:最近です。本当に力になるコメントが多いです。私たちメンバーの長所や歌の特徴が書いてある文章を見ました。そんなコメントを読むたびに本当に力になります。もっと良い姿をお見せしたいです。

ミニョン:今回の活動に先立ち、メンバーとファン層を厚くしてみようと決心しました。先日、音楽番組に行って他の歌手のファンから「お姉さん、キレイ」「歌、良いですね」と言ってもらいました。その度に私たちは、少しずつファンが増えていくことを感じて勇気づけられています。

――活動中、出くわすいくつかの瞬間の中で、自信が必要となる瞬間があるならいつですか?

ハユン:バラエティ番組に出演してセンスを見せなければならない時ですね。バラエティに出演する前に呪文を唱えています。真の私を見せようと暗示をかけるんです。だけど半分の半分も見せられないです。

ミニョン:今、精力的に活動しているガールズグループより、私たちのほうが平均年齢が高いと思います。私たちより若いガールズグループを見ると、時にはあのような清涼さや爽やかさが羨ましいなと思います。また、まだ若いガールズグループに比べて直ぐにくたびれてしまいます(笑) その度に、負けないぞと決意して、運動も頑張っています。

ユジョン:体力ではミニョン姉さんが1番いいです。だけど湧き出てくる爽やかさでは勝てないかも。

――ミニョンさんとウンジさんは、昨年の秋夕(チュソク:韓国の旧盆)、MBC「アイドル陸上大会」で惜しくも脱落してしまいましたね。

ミニョン:Brave Girlsの代表として出たので、60m走で絶対1等になりたくて、その欲のせいで転んでしまいました。かけっこは本当に自信があったのに、言い訳になるけど、スポンサーからもらった靴が私が履くサイズよりも大きかったんです。Brave Girlsは“運動アイドル”“マッスルクイーン”のイメージで活動中なので、他のアイドルたちからも私が速そうだと応援してもらってたのにこけてしまって、とても残念でした。

ウンジ:歌手という本分を忘れて、1ヶ月間リズム体操に集中していました。普段よくやらない夜間練習までしていました(笑) 一度リボンを投げる練習をしていたら、スティックが目に当たって、角膜が若干破れる怪我をしましたが、それでもチャンスだと思って一生懸命準備しました。4位に留まったことが今でも残念です。

――これだけは絶対やってみたいということはありますか?

ユナ:リアルバラエティを撮ってみたいです。普段のメンバーたちの姿を見ると、危険度も本当に高いし、皆半端じゃないです。

ウンジ:俗に言う“キチガイ”の気があると思います。だけどそれを見せるチャンスが今までなかったです。

ユジョン:個人的な望みがあります。大学の時ソン・ソッキ教授の生徒で携帯電話の番号も知っていたんですが、Brave Girlsになってからは携帯電話を使わなくなりました。人脈が消えたんです。もしも教授がインタビューを読まれたら、授業時間にいつも真剣にうたた寝していた学生番号10番のナム・ユジョンが、師匠の日(5月15日、恩師に感謝を伝える日) に一度会いたいと伝えたいです(笑)