右奥のマシンがスマートごはんサーバー「ハチたま」

写真拡大

ペットボードヘルスケア(東京都港区)は2017年4月10日、スマホアプリからペットの食事管理と留守中の世話を可能にする、スマートごはんサーバー「ハチたま」を初期費用0円、月額500円(税別、以下同)でレンタルするサービスを開始した。

ごはんタイマーは1日4回まで設定可

最近はペットの飼育が可能な集合住宅が増えてきたこともあり、一人暮らしでもペットを飼う世帯が増えている。「私も飼いたい!」と思う人もいるだろうが、ネックとなるのが餌(えさ)やり。帰宅が夜遅かったり、数日家を留守にしなければならなかったり――。自動給餌器を導入する飼い主は増えている。

自動給餌機能だけでなくカメラを搭載する「ハチたま」は、自宅の部屋にいるペットの様子を、スマホの専用アプリにライブ中継する。ごはんタイマーは「時間」と「量」を1日4回まで設定可能で、1日にあげた餌の量も把握することができる。対象ペットは犬と猫。

レンタルサービス湘南地域――鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、小田原市、平塚市、二宮町、大磯町の6市2町からスタートし、順次エリアを拡大する予定。湘南地域以外に住む人が「ハチたま」を利用したい場合は、スマートごはんサーバーを購入する手もある。価格は1万4800円。

「ハチたま」は4月15・16日に神奈川県立辻堂海浜公園で開催される動物愛護イベント「HUG ANIMALS」に出展し、ブースで予約を受け付ける。マシンがどのように動くのか直接確かめたい人は、イベントに足を運んでみてはいかがだろう。