評論家の呉智英氏

写真拡大

 その国をどう呼ぶのかは、時代とともに移り変わる。以前は普通に呼ばれていた名前が、差別だと禁じられることもあった。北朝鮮と韓国をどう呼ぶのかの移り変わりについて、評論家の呉智英氏が考察する。

 * * *
 先日東京の新橋駅を降りると、右翼が街頭演説をやっていた。内容は例の調子だったが、一つだけ、おっ、面白い、と思った。まだ勢いがあった頃の日本共産党が使っていた言葉が使われていたのだ。右翼活動家はしきりに、南朝鮮、南朝鮮、と言っている。

 共産党は二十世紀末まで「韓国」という名称は使わず、必ず「南朝鮮」と呼んでいた。朝鮮半島の正統な国家は北朝鮮であり、南朝鮮にあるのは米軍に後押しされた傀儡国家だ、というわけである。どうしても韓国という言葉を使わなければならない時は、かっこをつけて「韓」国と呼んだ。例えば、日「韓」条約反対などと。

 米軍基地反対運動などで長く歌われてきた反戦歌に『この勝利ひびけとどろけ』(荒木栄作詞作曲)がある。1962年春の福岡の板付基地包囲闘争の「勝利」を歌ったものだ。

筑紫野の緑の道を
すすみゆく十万の戦列
(略)
とびたてぬ一〇〇のジェット機
姿かくす戦争の手先
板付は包囲された
アメリカは包囲された
南ベトナムへ南朝鮮へ
この勝利ひびけ とどろけ

「十万の戦列」はいつもの「主催者側発表」だし、基地突入ならともかく、基地外の包囲だけで軍用機が飛行中止するとは思えないのだが、それは措くとして、はっきりと「南朝鮮」と歌っている。

「朝鮮」は民族を表わす言葉だから、韓国という国を強調する時以外、広く使われる。朝鮮半島、朝鮮語などだ。韓国は、自国を国家として韓国と称するし、その国語を韓国語と言う。しかし、韓国には朝鮮ホテルも、朝鮮日報も、朝鮮大学さえある。日本でも、日本、大和、敷島など、さまざまな呼び方がある。同じことだ。

 数年前、学生と話していて「北朝」という言葉が出てきて驚いた。五、六世紀支那の話か、光明天皇の話かと思ったら、北朝鮮のことだった。確かに、分裂国家だから南北朝と言えなくはないのだけれど。学生によれば、北朝鮮の略称は北朝じゃないか、というのだ。普通それは「北鮮」と言う。これが差別だというので、戦後、というより1970年代以降に禁圧されて、分からなくなったのだ。

 禁圧の理由は、「鮮」は「賤」に通じるから差別だとか、頭の「朝」をはねるのには民族絶滅の意図が込められているとか、滅茶苦茶であった。それならアメリカを「米」と略すのはなぜ許されるのか。最近は「訪朝」という言葉まで広がっている。訪朝って日本(我が朝)へ来るという意味だ。

 前述のように「北鮮」は1970年代まで普通に使われていた。在日朝鮮人がそう言うのを聞いたこともある。高校の世界史の授業で使う『標準世界史年表』(吉川弘文館)にも、1950年7月の箇所に「北鮮軍、釜山橋頭堡に迫る」と出ていたのである。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。

※週刊ポスト2017年4月21日号