昼ドラで元妻、元恋人との共演が話題

写真拡大

 浅丘ルリ子石坂浩二が初共演した人気ドラマ『2丁目3番地』から46年。結婚と離婚を経て道別れたふたりが、今、再会した。4月3日スタートの新ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で共演する浅丘と石坂。彼の元恋人・加賀まりこが出演するだけでもややこしいのに、往年の大女優が一堂に集ったものだから、撮影現場が大変なことになっている。

「やっぱり懐かしいですよね。昔一緒に芝居をしましたから。緊張感はないです。そんなことでジタバタしていたら生きていけない(苦笑い)」

 4月3日、『グッド! モーニング』(テレビ朝日系)に出演した石坂浩二(75才)は“因縁の共演”について穏やかに話した。

 同日放送がスタートした昼の帯ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で、元妻の浅丘ルリ子(76才)、元恋人の加賀まりこ(73才)と共演する石坂。

「全盛期のテレビ業界で功績を残した者のみ入居可」という老人ホームを舞台に、往年の名俳優、監督、作家が終活に臨むという本作にあって、“キャスティングの妙”が放送前から話題になっていた。

「石坂さんと加賀さんといえば、1960年代の芸能界を沸かせた大物カップルでした。映画『泥棒たちの舞踏会』(1966年)の共演をきっかけに交際して、一時は結婚寸前までいきながら破局。その後、石坂さんは浅丘さんと結婚しますが、浅丘さんを彼に紹介したのは他ならぬ加賀さんなんです」(芸能関係者)

 石坂は浅丘と結婚後も加賀との仲が取り沙汰され、2000年にふたりは離婚。浅丘と加賀はその後も長く友人関係を築いていた。

 この複雑すぎる三角関係に加え、同ドラマは脚本家の倉本聰氏が事前にキャストを想定して当て書きしている。劇中では今後、加賀が石坂と浅丘の離婚を皮肉る一幕もあるそうだ。

 現場スタッフにも緊張感が走ったというファーストコンタクトだが、大人なお三方の対応はさすが。

「初顔合わせの場で、“よろしくお願いします”って、3人ともサラリと。プロだな、と思いました。加賀さんと浅丘さんは現場でも仲良しですよ。マリリン、ルリ子さんって呼び合って、休憩中はいつも一緒。撮影前、倉本さんと3人で食事に行くこともあったとか。脚本ができて初めて主人公を演じるのが石坂さんだってことを明かされて、“うっそー!”みたいな。でも2人とも快諾したんですって。劇中でどれだけ石坂さんを翻弄できるか、一緒に張り切っているそうです」(テレビ関係者)

 3月16日の制作発表会見でも、浅丘と加賀は余裕のやり取りを見せていた。

「いちばんはじめに石坂さんと抱き合うシーンがございます。私自身、石坂さんとは16年ぶりに会います。その思いも込めまして、長いこと抱き合わせていただきました。楽しゅうございました。そしたらマヤ(加賀の役名)がジロ〜ッと私たちのことを見ていました」(浅丘)

「芝居で、でしょ!」(加賀)

「そうです。芝居で、です(笑い)」(浅丘)

「三角関係」の問題が杞憂に終わり、スタッフもホッと一息。

※女性セブン2017年4月20日号