稀勢の里の春巡業強行出場はあるのか(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 4月5日朝8時、宝塚市立スポーツセンター総合体育館では軽快な太鼓の音が響き始めた。大相撲春巡業・宝塚場所の開場を告げる「寄せ太鼓」である。かつては早朝に鳴り響いていたが、騒音規制の条例ができてこの時間になったという。

 待ちかねていた観客が次々に場内へ飲み込まれていく。タマリS席1万4500円から、1階椅子S席1万円、2階椅子C席3500円と各種ある入場券は、昨年11月に売り出され、わずか2週間で完売。3200席は「満員御礼」となった。

 多くのファンのお目当てだったはずの横綱・稀勢の里は、春場所で傷めた左肩の回復を優先して休場。

「田子ノ浦親方が協会に提出した診断書には『左大胸筋損傷ならびに上腕二頭筋の損傷で1か月の療養が必要』と書かれていた。

 ただ、春巡業が始まった翌日の4月3日には、稀勢の里は部屋での稽古を再開。高安は巡業中で真剣な稽古になる相手はいないが、ウォーキングの後、土俵に降りて四股を踏み、1時間ほど汗を流した。周囲には“来場所には間に合う”と話しているそうです」(担当記者)

 一方で、あまりに早い稽古再開は、春巡業への“途中強行出場”を探っているからとみる向きもある。若手親方の一人がいう。

「春巡業のなかでもとりわけ、4月16日に故郷・茨城県で行なわれる常陸大宮場所(常陸大宮市・西部総合公園体育館)に、稀勢の里は出場したいと考えているようだ。春場所もケガをおして強行出場した責任感の強い男です。故郷のファンをがっかりさせたくないという思いは強い。

 常陸大宮場所に間に合わなくても、その5日後、茨城県水戸市での巡業(4月21日、水戸市青柳公園市民体育館)にはなんとか出ようとするのではないか。あの部屋では、いったん横綱が出ると腹を決めてしまえば、元前頭という実績の親方が止めるのは難しい」

 角界では「江戸の大関より故郷の三段目」といわれるように、強くて人気のあるスター力士よりも地元出身力士に肩入れするタニマチ気質がある。

「ましてや自身が不在の巡業の中でも、グッズ売り場で売れるのは手形からキーホルダー、Tシャツまで稀勢の里関連のものばかりで、先輩のモンゴル横綱勢の商品が棚にたくさん残っている」(協会関係者)

 という状況だけに、稀勢の里が期待を裏切りたくないという気持ちになっても無理はない。

 巡業部長として巡業に帯同する貴乃花親方に、稀勢の里の“途中強行出場”情報をぶつけると、こう答えた。

「今の稀勢の里にとって必要なことは、来場所に向けて体調を整えるということ。確かに巡業は協会にとって大切な興行ですが、最優先するべきはやはり本場所ですからね。とにかく、万全の体調で本場所の土俵に上がる努力をすることが肝要ではないでしょうか」

 巡業副部長である玉ノ井親方(元大関・栃東)も「まずケガを治すことに専念しないと」と口を揃えた。あと1週間ほどの間に、稀勢の里はどんな決断を下すのか注目だ。

 そうして稀勢の里が早期復帰を模索するのと対照的に、巡業を休んだもう1人の横綱・白鵬はじっくり治療に専念しているという。

「今年に入ってすでに金星を3つも献上するなど、衰えが指摘されているのは百も承知。本人は次に出場する場所に力士生命をかける、と周囲に漏らしているそうです。ただ、5月場所に出てくるかどうかは微妙で、万全の状態に持っていけなければ7月の名古屋場所での復帰となる見込みだ。

 白鵬が次に出る場所では、稀勢の里vsモンゴル勢の対決の図式がこれまで以上に明確になる。白鵬は角界最強の座を取り戻すために死に物狂いでぶつかってくるでしょうし、春場所で引き立て役になってしまった大関・照ノ富士も、兄弟子の日馬富士とタッグを組んで雪辱を果たしにくる」(後援会関係者)

※週刊ポスト2017年4月21日号