カナダの雪山。アルバータ州レイクルイーズにて(2009年11月24日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】カナダ・バンクーバー(Vancouver)近郊のハーベイ山(Mount Harvey)で週末、山頂付近からせり出した雪の塊が崩落し、韓国人登山客5人が転落死した。地元警察当局が9日、発表した。ハーベイ山付近は7日から悪天候に見舞われていたという。

 バンクーバー北郊のスコーミッシュ(Squamish)を管轄するカナダ連邦警察(Royal Canadian Mounted Police)当局によると8日午後、標高1600メートルのハーベイ山の山頂付近で雪庇(せっぴ)が崩落したとの通報が登山客からあった。この登山客は、山頂に向かう複数の足跡があったと述べ、遭難者がいる可能性を示唆したという。

 通報を受けて複数の当局が合同で捜索活動を開始したが、積雪状態が安定せず捜索は難航し、8日夜には遭難者の発見に至らなかった。その後、登山者5人と連絡が取れなくなっていることが判明。翌9日、山頂から約500メートル下で5人の遺体が見つかったという。

 地元紙バンクーバー・サン(Vancouver Sun)によると、死亡した5人は熟練登山者だったという。
【翻訳編集】AFPBB News