地上152mのプールからの眺め(出典:https://www.facebook.com/Market-Square-Tower-766821583419455)

写真拡大

昨年11月、米テキサス州にゴージャスな42階建マンションがオープンした。最新の設備でダウンタウンにそびえ立つこのマンションの売りは、地上152メートルに設置されているプールだ。『houstoniamag.com』が伝えている。

テキサス州ヒューストンで昨年11月にデビューした42階建て超高級マンション「マーケット・スクエア・タワー(Market Square Tower)」。その最上階に設置されている「スカイプール」からはダウンタウンが一望できる。

しかしこのプール、3メートルほどが空中に突き出す形になっており、底は透明で152メートル下を見下ろせる。プール底の厚みは約20センチで「プレキシガラス(PLEXIGLAS)」という割れにくい合成樹脂でできているとはいうものの、高所恐怖症の人には絶対おすすめできない。

今月6日、マンションのFacebookにスカイプールからの眺めを撮影した動画が公開されたが、めまいを覚える人も多いようで「見てるだけで怖い」「耐震基準をクリアしてるのよね?」「ヒビが入ったら終わりだね」「泳げって言われても絶対無理」といった多くのコメントが寄せられた。

“これまでなかった新しいタイプの超高級マンション”の1か月の賃料は52平方メートル(564平方フィート)で約20万円(1,805ドル)、278平方メートル(2993平方フィート)のペントハウスで約208万円(18,715ドル)とのことだ。高いところが苦手という人向けに4階には別のプールがあり、建物の中には他にもゴルフシミュレーションルーム、サウナ、子供のプレイルーム、大人用のゲームルーム、バスケットボールコート、映画館、コンビニなどが備えられている。

英メディア『metro.co.uk』が行ったアンケートでは60%以上が「このプールでは泳ぎたくない」と答えているが、「是非泳いでみたい」といった声も聞かれるようだ。

ガラス張りといえば、中国・湖南省にある全長約430メートルの吊り橋が何度もマスコミを騒がせてきた。開通後まもなく安全上の理由から閉鎖されたものの、現在は人気の観光スポットとして多くの人が訪れているという。

出典:https://www.facebook.com/Market-Square-Tower-766821583419455
(TechinsightJapan編集部 A.C.)