地方公共団体情報システム機構(J-LIS)の資料

総務省や地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は7日、住民基本台帳ネットワークシステムの運営や個人番号カードの作成業務などを行う地方公共団体情報システム機構(J-LIS)を装う不審なメールが出回っていると注意喚起を発している。

 

明らかになった不審なメールの概要は、「マイナンバー:新年度更新手続きについて」というタイトルで、マイナンバー制度の更新が必要だと通知するもの。

 

更新申請のためとしてURLへのリンクが掲載されているが、リンク先へのアクセスや添付ファイルは開かないように呼びかけている。

 

マイナンバーに関しては、これまでにも様々な不正な勧誘や個人情報取得の手段が報告されており、総務省の情報ページには、相談用のフリーダイヤルやホットラインが掲載されているので、少しでも不安、疑問に思ったら、相談することが望ましい。

発表資料

URL:http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu02_000261.html

 

マイナンバー情報ページ(総務省)

URL:http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/12.html

2017/04/10