写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」は、米国のプロレス団体「WWE」との複数年契約を締結したと発表した。これにより、4月11日9時から「Raw」の3時間番組や「SmackDown」の2時間番組を、初めて日本語実況解説付きでライブ配信する。

今後はRawやSmackDownのほか、WWEが提供するハイライト番組「WWE Experience」「WWE Bottomline」「WWE This Week」も配信。放送開始日は後日発表される。

DAZNは、年間6,000以上のスポーツの試合を配信するライブストリーミングサービス。月額料金は税別1,780円で、テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機など様々なデバイスから視聴できる。