コ・ス&キム・ジュヒョク「石造邸宅殺人事件」ミステリアスな雰囲気のポスター&映像を公開(動画あり)

写真拡大 (全2枚)

映画「石造邸宅殺人事件」(仮題、監督チョン・シク、制作:映画社ダ、配給:シネグル(株)キダリENT) がミステリアスな魅力のキャラクターを確認することができる2種類のキャラクターポスターを公開し、視線を引き付けた。

「石造邸宅殺人事件」は、1947年京城(キョンソン:現在のソウル) にて、唯一の証拠は切断された指だけという謎の殺人事件に、京城最高の資産家と過去の全てを消し去った正体不明の運転手が絡み展開していくサスペンススリラーだ。

今回に公開されたキャラクターポスターは、銃を構えているコ・スとパイプを持っている冷たい表情のキム・ジュヒョクの姿が目を捉える。ポスターで悲壮な表情をしているコ・スは、正体不明の運転手チェ・スンマンの本当の姿に対する好奇心を刺激する一方、意味深長な眼差しをしているキム・ジュヒョクは本音が分からない京城最高の財産家の姿を一気にアピールし、期待感を高める。ここに二人の姿の上で立ち上がる煙がミステリアスな雰囲気を強調する中「いよいよアイツを見つけた」という強烈なキャッチコピーが、殺人事件で絡み合った二人の男のストーリーに対する好奇心をくすぐる。

「石造邸宅殺人事件」のキャラクターポスターは、ドローイング映像も一緒に公開され、関心を集める。公開された映像は最近SNSを通じて抜群の絵の実力と、これを感覚的に盛り込む映像で話題になったdrawholicが、直接「石造邸宅殺人事件」のキャラクターポスターのコ・スとキム・ジュヒョクを描く過程を収めた。

映像でだんだん完成されて行くキャラクターポスターは、俳優たちの表情に盛り込まれた感情から、ポスターから全体的に漂うサスペンススリラーの雰囲気まで、実物ポスターと同じくディテールに描き、見る人たちを感心させる。

「石造邸宅殺人事件」は韓国で5月に公開される予定だ。