バドミントンチームの発足を発表した札幌

写真拡大

 北海道コンサドーレ札幌は10日、バドミントンチームが発足したことを発表した。セレクションを経て7名の北海道出身の選手が決まり、長く北海道の育成に携わってきた吉田仁氏が監督に就任。最初の公式戦は4月15日、16日に行われる第67回北海道実業団バドミントン選手権大会(兼・第67回全日本実業団バドミントン選手権大会北海道予選)の予定となっている。

 一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブの代表理事を務める三上大勝氏は、クラブ公式サイトを通じて「総合型地域スポーツクラブを目指す中での活動のひとつとして今回サッカー以外のスポーツのチームを保有できたことは大きな一歩であり、サッカーだけでは届かなかったところへリーチしていければと考えております」とコメントした。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ