写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleセキュリティチームは、Webサイトにアクセスする前にそのサイトが安全かどうかの情報を表示するGoogle セーフブラウジングサイトステータスツールを新バージョンとして更新したことを公式ブログで告知した。

1日に数十億のURLを調査するという同社のセーフ ブラウジングテクノロジーでは、安全ではないWebを日々数千件の安全ではないWebサイトを発見し、Google検索やブラウザ、ウェブマスターへの通知などで警告している。

サイトステータスツールは、WebサイトのURLなどを入力して即座に不審なスクリプトがないかを判断して安全性の可否をWebサイトの最終更新日とともに表示する。

新バージョンでは、結果表示が簡潔にしてあり初めてアクセスしたユーザーでも簡単に確認できる。またユーザーインタフェースも改良されており、不正なソフトウェアダッシュボードには、地域や規模、期間を限定した不正ソフトウェアが検出されたホスト名などの詳細も表示する。

(長岡弥太郎)