誰でも“モテ胸”が作れちゃう♪ プロが選ぶ「優秀バストケアクリーム」3品

写真拡大

薄着の季節が本格化する時期だからこそ、自信がもてるバストでいたいものですよね。

【美容オイル】触りたくなる「ふっくら肌」へ!厳選素材を使った低価格の名品4選

とはいっても、いざ理想のバスト作りは意外に分からないもの。自己流でマッサージをしたりする程度かもしれません。

そこで今回は、美乳バスト作りのエキスパートである『ボディスタイルコンサルタント』中島絹代さんに、おすすめバストクリームを教えていただきました。

美乳に必須!バストクリーム厳選リスト

ハリのあるバスト体感!バストクリーム

バストの約90%は脂肪ですので、外側からの脂肪のケアと敏感なバストのお肌のケアが大事です。

同時に女性ホルモンバランスを整えることも大切なんですが、実はバストクリームは、その役割も担ってくれるんです。

一つめにおすすめするバストクリーム『ヴァルモン ボディ タイム コントロール ボリュプチュアス レスキュー バーム』は、こってりとしたテクスチャーで、アボカドエキスやローズオイル、リポゾームDNAが、加齢による肌をもっちりとプルプルにエイジングしてくれます。

脂質成分が贅沢に配合されているので、ハリ感を体感できる方が多いです。

両胸でサクランボ小程度の量が適量です。
バストをマッサージしながらぜひ使ってみてください(中島さん)

マッサージ不要!時短バストクリーム

二つめにおすすめするバストクリームは『Unicity ワイルドヤムクリーム』。

これは、バストアップには欠かせない成分として評判の‟ワイルドヤム”をふんだんに成分にしているボディクリーム。

女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果大で、生理痛にも効果を感じる方も多いんです。女性ホルモンが整うと、自然とバストもふっくら。

人によっては、生理前のようなハリ感を感じるかもしれません。

このクリームは、パール粒1個分をバストや首筋、デコルテ、腕の内側に塗るのが適量。
一箇所に集中して塗るとその部分が飽和状態になるので、日によって場所を変えながら塗ると効果的です。

生理痛が気になる方は、鼠径部に塗ると緩和される方も多いですよ。
因みにホルモンバランスの関係で、生理中は使用しないでくださいね。

現在このクリームは海外製品のため、日本で手に入れるには個人輸入で購入するしか手段はありませんが、とてもおすすめのバストクリームですのでぜひ使ってみてほしいですね(中島さん)

嬉しい時短!ナチュラルバストクリーム

三つめにおすすめするバストクリームは『リュミエリーナ ダイレクトイン』です。

これは、白色脂肪細胞に直接働きかけてくれるボディクリームで、最低3ヵ月は必須で効果を試していただきたいもの。脂肪が多いバストに塗ると、バストの変化を感じるはずです。

ケミカルではなく、人間本来の細胞に戻してくれる東洋医学的なクリーム。
こちらも両胸でサクランボ小が適量。

そしてこちらも塗るだけでマッサージいらず。塗るだけで肌にスッと馴染みますので、ケアに時間をかけられないときにもおすすめです(中島さん)

バストケアに長年尽力を注いできた中島さんだからこその目利きが光る、バストクリーム厳選リスト。ぜひ使ってみてくださいね。

【取材協力】
ボディスタイルコンサルタント 中島絹代
オートクチュールランジェリーブランド『emeth』デザイナー。独自の施術技術で多くの顧客をもつ、Body Styling Salon『de VOLTA』オーナー。