写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の速水もこみちが10日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた同局系ドラマ『緊急取調室』(20日スタート、毎週木曜21:00〜21:54)の制作発表会見に登場し、趣味の料理を「本職です」と冗談交じりに紹介した。

このドラマは、主演の天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、特別取調室で取り調べを行う緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げていくもの。速水は、真壁と取調べを巡って対立する捜査一課の刑事・渡辺銀次役で出演している。

会見では、キャスト陣が「2017年度の誓い」を色紙にしたためて発表。天海が「頑張る。」小日向文世が「深酒の後は入浴厳禁!」とそれぞれ掲げる中、速水は「緊急メシ」と書き、その理由を「撮影が中盤に差し掛かって、皆さんもお忙しくして疲れがたまってきますから、何かのときにパッと(料理を)作ってお出しできたらと思ってるんですけど、それがなかなかできていないんで…」と説明した。

それを聞いた天海が、速水が"逆バレンタイン"で作ってくれた「ケーキがおいしかった!」と絶賛すると、速水は「一から作りました。僕、そっち(料理)が本職になっておりますので(笑)」とコメント。天海は慌てて「違いますよ!違いますよ!みなさん!」と訂正していた。

このキャスト陣が書いた色紙は、テレビ朝日本社1階アトリウムで展示される。