キム・ウビン、アジアツアーを成功裏に終了…“歓迎してくれてありがとう…また会える日まで”

写真拡大

俳優キム・ウビンが、ソウルを皮切りに最後のタイまで「2016-2017 Kim Woo Bin Fanmeeting〜SPOTLIGHT〜」を大盛況のうちに終了した。

8日、タイ・バンコク所在のMCC HALLで最後のファンミーティングを開催し、始終スイートでナチュラルな姿を披露し、アジアの女性ファンたちの心を鷲づかみにした。

昨年ソウルを皮切りに3度目のアジアツアー「SPOTLIGHT」をスタートし、マカオ、日本、台湾などで忘れられない1日をファンにプレゼントしたキム・ウビンは、ツアーの最後の場所としてタイを選び、現地のファンの熱い歓呼を浴びながらファンミーティングのフィナーレを飾った。

キム・ウビンは空港に着き、熱く歓迎してくれるファンたちに明るい微笑みで応え、タイでのスケジュールを始めた。久々に会ったタイファンたちの近況を聞いたり、記者会見でも記者たちの質問に真面目に答える姿を見せた。

またファンミーティングでもキム・ウビンは多様なコーナーを通じてファンと疎通しただけではなく、優しさの代名詞らしく、毎瞬間優しくスイートな一面でファンをときめかせた。

3rdアジアツアーを終了したキム・ウビンは、「タイ公演を最後に3度目のアジアツアーを終えました。僕の思っていた以上に多くの方々に歓迎していただいて心より感謝いたします。僕がファンの皆さんに何かプレゼントして帰るべきですが、僕がいただいたものの方が多いようです。久々にタイを訪ねましたが、楽しい時間を過ごせてとても感謝しています。健康にお気をつけて、幸せに過ごしてください。また会える日までもう少し待っていてください。本当に感謝いたします。それでは、さようなら!」と名残惜しさが感じられる挨拶を残した。

キム・ウビンの3度目のアジアツアーは昨年ソウルを皮切りにマカオ、台湾、タイ、日本などを周ってファンたちと幸せな時間を過ごした。