倒産件数が786件 3カ月ぶりに前年同月を上回る

 2017年(平成29年)3月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が786件、負債総額は1,668億100万円だった。
 倒産件数は、前年同月比5.3%増(40件増)で、3カ月ぶりに前年同月を上回った。また、都道府県別では、前年同月より増加が22道府県、減少が22都県と拮抗し、地区別では9地区のうち5地区で前年同月を上回るなど、倒産減少傾向の「底打ち」を窺わせた。
 負債総額は、前年同月比5.1%減(90億9,800万円減)で、2カ月連続で前年同月を下回った。負債10億円以上の大型倒産が33件(前年同月比13.7%増)で、1年1カ月ぶりに30件を上回ったが、負債100億円以上の大型倒産が2件(前年同月3件)だったことが影響した。これに対し、1億円未満の小規模倒産は563件(前年同月比11.7%増、構成比71.6%)と全体の7割を占め、前年同月より増加した。


  • 形態別:法的倒産の構成比が過去最高の92.2%を占める
  • 負債別:10億円以上の大型倒産が33件、1年1カ月ぶりに30件台に増加
  • 従業員数別:5人未満の構成比が73.9%、12カ月連続で70%を上回る
  • 原因別件数:「既往のシワ寄せ(赤字累積)」が113件、5カ月ぶりの100件台
  • 上場企業倒産が発生なし、連続「ゼロ」期間が過去2番目に長い18カ月連続に
  • 「チャイナリスク」関連倒産が3件、4カ月連続で前年同月を下回る
  • 「熊本地震」関連倒産が1件、累計13件
  • 業種別:飲食業(58→72件)、旅行業(3→5件)などで倒産増加
  • 中小企業倒産(中小企業基本法に基づく)が、3カ月ぶりに前年同月を上回る

産業別 10産業のうち6産業で前年同月を上回る

 2017年3月の産業別倒産件数は、10産業のうち6産業で前年同月を上回った。
 卸売業122件(前年同月比10.9%増)で2カ月連続で前年同月を上回り、内訳では電気機械器具卸(9→16件)や建築材料卸(5→11件)などで増加が目立った。
 さらに、情報通信業30件(前年同月比50.0%増)と運輸業29件(同11.5%増)が、ともに4カ月ぶりに前年同月を上回り、製造業108件(同14.8%増)が3カ月ぶり、サービス業他218件(同10.1%増)が2カ月ぶりに増加に転じた。件数は少ないが農・林・漁・鉱業は7件(前年同月5件)で2カ月連続の増加。
 一方、建設業145件(同1.3%減)と小売業102件(同13.5%減)はともに3カ月連続で減少した。金融・保険業は4件(前年同月7件)で2カ月ぶりに減少した。このほか、不動産業は前年同月同数の21件だった。

地区別 9地区のうち5地区で前年同月を上回る

 2017年3月の地区別件数は、9地区のうち5地区で前年同月を上回った。
 増加した地区では、関東310件(前年同月比9.1%増)と北海道36件(同33.3%増)がともに2カ月連続で前年同月を上回った。また、四国17件(同6.2%増)が7カ月ぶり、北陸20件(同17.6%増)が6カ月ぶりに増加に転じ、近畿197件(同10.6%増)が3カ月ぶりに前年同月を上回った。関東の産業別では、飲食業などのサービス業他(84→99件)や建設業(42→57件)がなどで増加をみせた。また、北海道もサービス業他(6→10件)、卸売業(5→7件)などが件数を押し上げた。
 一方、九州は46件(前年同月比4.1%減)で5カ月連続、中部81件(同10.9%減)が3カ月連続、東北26件(同23.5%減)が2カ月連続で減少した。中国27件(同20.5%減)は3カ月ぶりに前年同月を下回った。

地区の範囲は以下に定義している。

  • 東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)
  • 関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨)
  • 中部(長野、岐阜、静岡、愛知、三重)
  • 北陸(富山、石川、福井)
  • 近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)
  • 中国(広島、岡山、山口、鳥取、島根)
  • 四国(香川、徳島、愛媛、高知)
  • 九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

当月の主な倒産

[負債額上位5社]

  1. (株)てるみくらぶ/東京都/旅行業/151億1,300万円/破産
  2. (株)レイテックス/東京都/半導体製造装置販売ほか/114億円/破産
  3. (株)花咲カントリー倶楽部/山梨県/ゴルフ場経営/71億4,000万円/民事再生法
  4. (株)Brillia/東京都/結婚式場経営/59億9,200万円/破産
  5. (株)モアアンドモア/神奈川県/予備校経営/47億1,200万円/民事再生法