<マスターズ 最終日◇9日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
最終組でセルヒオ・ガルシア(スペイン)と一進一退の攻防を繰り広げ、惜敗したジャスティン・ローズ(イングランド)。スコアを伸ばし、1打リードで迎えた17番でボギーを喫し、18番のバーディチャンスを互いに決めきれずプレーオフに突入。1ホール目でティショットをミスしてボギーとしたところで、2013年の「全米オープン」以来、4年ぶりのメジャー2勝目を逃した。

首位タイでスタートし、前半はスコアを伸ばした。5番でボギーが先行したが、6番から3連続バーディで先に飛び出したガルシアに追いつくと、10番から連続ボギーとしたガルシアを突き放した。しかし、終盤に神がかり的なプレーで追いついたガルシアにグリーンジャケットを譲る格好となった。
「セルヒオがいいスタートを切って、6番から連続バーディを決めた時点で二人の勝負になると思っていた。最終組はとても楽しかったし、本当にエキサイティングだった。途中からはお互いに意識していたと思う。この試合はやっぱりサンデーバックナインにかかっている。最後の2ホールは仕方ない」と、欧州の盟友との勝負を存分に楽しんだ。
1998年の全英オープンで17歳ながら優勝争いを演じたローズ。直後プロ転向するも、21試合連続で予選落ち。暗黒時代を過ごした。1歳違いのガルシアも、73回に渡ってメジャーに勝てず、不遇の時代を過ごした。苦労を経験し、トッププレーヤーに上り詰めたそんな2人の戦いは、目の肥えたオーガスタのゴルフファンを熱狂の渦に巻き込んだ。「マスターズの日曜日はいつも特別だけど、今日のギャラリーの熱はすごかった」。
「もちろん負けたことはしばらく心に残ると思う。でも、負けるとしたら、相手はセルヒオだった。彼は勝つにふさわしい選手だよ」。後生にまで語り継がれる名勝負を演じた充実感と悔しさを胸にしまい、ガルシアへの賛辞の言葉を残してコースを去った。
【最終結果】
優勝:セルヒオ・ガルシア(-9)
2位:ジャスティン・ローズ(-9)
3位:チャール・シュワーツェル(-6)
4位T:マット・クーチャー(-5)
4位T:トーマス・ピータース(-5)
6位:ポール・ケーシー(-4)
7位T:ケビン・チャペル(-3)
7位T:ローリー・マキロイ(-3)
9位T:アダム・スコット(-2)
9位T:ライアン・ムーア(-2)
11位T:リッキー・ファウラー(-1)
11位T:松山英樹(-1)
11位T:ジョーダン・スピース(-1)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

激闘に幕!マスターズ最終結果
「ハッピーエンディングだね」ガルシア、天国のセベに届ける悲願のグリーンジャケット
“絶対に勝てる”確信も…松山英樹、背負った期待に「応えられなくて、すみません」
マスターズ、優勝賞金は198万ドル 総額は1100万ドルで史上最高更新
マスターズで悲願成就!セルヒオ・ガルシアがプレーオフ制しメジャー初制覇!