シンガポールのローカルフード「バクテー(肉骨茶)」専門店「シンガポールバクテー」が赤坂にオープン

写真拡大

日本初となるシンガポールのローカルフード「バクテー(肉骨茶)」の専門店「シンガポールバクテー(新加坡肉骨茶)」1号店が、2017年4月10日(月)、東京・赤坂の赤坂通りにオープンする。

バクテー(肉骨茶)とは?

肉骨茶(バクテー)とは、骨付き豚肉を様々な香辛料や漢方、そしてたっぷりのにんにくとともに煮込んでコショウを効かせたシンガポールを代表するローカルフード。

元々、シンガポールやマレーシアで働く中国人の肉体労働者の中で食べられたのが始まりで、肉体労働をする人々の栄養補給として、広く食べられるようになった一品だ。働く人たちの力になってきたバクテーは、シンガポールにおいて今でもスタミナ食として、昼食や日本でいうラーメンのように、お酒を飲んだ後のシメや朝食としても人気を集めている。

日本初の専門店「シンガポールバクテー」のこだわり

厳選した黒胡椒/白胡椒、にんにく、そして経皮・西洋当帰・八角をはじめ10種を超える漢方を季節に合わせて調合し、豚肉の旨味が引き出されたコラーゲンたっぷりのスープが、「シンガポールバクテー」オリジナルバクテー(肉骨茶)の特徴だ。

一般的な肉骨茶(バクテー)の多くに入っている化学調味料は一切使用せずに、ひとくち目でパンチある旨味と、後味すっきりながら後を引く味わいを実現。ライスとの組み合わせが定番だが、湯条(揚げパン)との相性もオススメ。

組み合わせ自由のカスタマイズメニュー

シンガポールバクテー(新加坡肉骨茶)のカスタマイズメニューは全部で6通り。まずは骨つきか骨なしかを選び、それにライスまたは油条(揚げパン)、ソーミン(極細中華麺)のいずれかをセットとして組み合わせることで、自由な組み合わせを楽しめる。もちろんサイドメニューや肉増しなどのオプションを追加することも可能だ。

店舗情報

「シンガポールバクテー(新加坡肉骨茶)」
オープン日:2017年4月10日(月)
所在地:東京都港区赤坂5-4-14
最寄り駅:東京メトロ「赤坂駅」7番出口徒歩30秒
営業時間:11:00〜21:00 ※土日は11:00〜18:00


[写真付きで読む]シンガポールのローカルフード「バクテー(肉骨茶)」専門店「シンガポールバクテー」が赤坂にオープン

外部サイト

  • パリ発ブーランジュリー「ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」ギンザ シックスに関東1号店をオープン
  • NY発・朝食の女王「サラベス」が名古屋初出店 - タカシマヤ ゲートタワーモール1階に
  • 「三越イタリア展」東京・日本橋で開催 - パスタやピザのフードから、カラフルな伝統雑貨まで