SF9

写真拡大

今年6月に日本メジャーデビューする韓国の9人組ボーイズグループSF9(エスエフナイン)が4月7日、東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで日本初の単独ショーケース「SF9 1st SHOWCASE IN JAPAN “Fanfare”」を開催し、満員の1,300人を前に日本デビュー曲『Fanfare -Japanese ver.-』や『ROAR -Japanese ver.-』『K.O. -Japanese ver.-』の初披露を含め全15曲の歌とフレッシュなトークでファンを魅了した。

【画像】EXOのライブの写真を一覧で見る

SF9は男性バンド、FTISLAND(エフティアイランド)やCNBLUE(シーエヌブルー)、ガールズグループAOA(エーオーエー)らを輩出してきたFNC ENTERTAINMENTが初めて手掛けた男性ダンスボーカルグループ。リーダーのヨンビンを筆頭に、ジュホ、フィヨン、チャニの4人のラッパーと、インソン、ジェユン、ダウォン、ロウン、テヤンの5人のボーカルから成る。グループ名は「Sensational Feeling 9」の頭文字で、「世界を驚かせる少年たち」を表しており、さらに漢字「久」を数字「9」に形象化し、チームの活動と人気が永遠に続くという意味が込められた。昨年10月に『Fanfare』で韓国デビューしたばかりだが、今年6月7日にワーナーミュージックジャパンより日本デビューする。

超満員の熱気に包まれた会場にメンバーが登場。割れんばかりの歓声が上がる中、韓国デビュー曲『Fanfare』を歌うと大きなファンコールが上がる。チャニが「オープニングから皆さんの熱気がスゴくて、テンションマックスでパフォーマンスできました」というほどの盛り上がりぶりだ。

「これまで日本でもライブの経験がありましたが、単独公演をやるのは初めて。緊張していますが、楽しい時間を過ごしてほしいです」(ロウン)と挨拶すると、『ROAR』など韓国での活動曲の他、テヤン&チャニのダンスパフォーマンスや、テヤン、チャニ、ヨンビン、ロウン、ジュホによるアクロバティックを取り入れたダンスパフォーマンス、そして、ボーカルチームによる『So Beautiful』などのユニットステージ、そしてカバー曲までも披露。また、「日本でのショーケースのために、音楽番組でもやったことがない曲を用意してきました」(ヨンビン)と『4 step』を、組体操のような複雑なフォーメーションのダンスが特徴の『Jungle Game』も見せた。

今回のショーケースでは様々なタイプの楽曲にチャレンジしたが、活動曲になったパフォーマンス重視の曲だけでなく、カラーの異なるボーカリストたちが聴かせる曲もきっちり歌えるのもSF9の魅力だ。

ショーケースということで、歌だけでなく彼ら自身のパーソナリティを知ることができる自己紹介コーナーや、事前に募集したファンからの要望に応えるコーナーなど、ファンとのコミュニケーションが図れる企画もたっぷり設けられ、一生懸命日本語を交えながらトークも大奮闘。「皆さんの心の中に桜の花を咲かせたい」というフィヨンに、「日本でFANTASY(SF9ファンの呼称)と花見に行って、おでんと焼き鳥を食べたい」と、日本でやりたいことを挙げるテヤン。ムードメーカーのダウォンはブルース・リーのモノマネで大爆笑を巻き起こした。

日本デビュー曲となる『Fanfare -Japanese ver.-』『ROAR -Japanese ver.-』『K.O. -Japanese ver.-』の3曲の日本語バージョンも初披露。「韓国でのデビュー曲、2曲目の活動曲から水車ダンスまで、僕たちのヒット曲のすべてを収録したシングルです」(テヤン)という内容で、リード曲『Fanfare -Japanese ver.-』は、「愛をかくれんぼに例えた、ファンファーレを鳴らす振付がポイントのノリノリな曲です」(ヨンビン)とアピールした。

『ROAR -Japanese ver.-』では、ファンが『Japan Fantasy Burning on SF9■(■=ハート)』というカードを一斉に掲げるサプライズを用意するなど、ファンとSF9の相思相愛の空間に、「ステージは毎回楽しいけれど、22年生きて来て1番楽しいステージでした」とジュホが喜びを口にすると、最後にリーダーのヨンビンが「このステージが僕たちのスタートです。この日を忘れずに努力します。ここに立たせてくださった皆さんに2倍、3倍、それ以上の恩返しをします」と感謝の言葉を述べた。

ショーケースの熱気に証明されるように、日本でもSF9の注目度は高く、ショーケースのチケット当選倍率はなんと10倍以上だったという。今年の初夏、その名の通り日本でセンセーションを巻き起こしそうだ。

4月7日より世界110の国と地域にて『Fanfare -Japanese ver.-』の同時先行配信がスタート。4月18日には韓国で2ndミニアルバム『Breaking Sensation』をリリースし、日本デビュー前に、大きな弾みをつける。