TWICE、デビュー後初の海外単独コンサートで涙…負傷したジヒョは椅子に座ってステージに参加

写真拡大 (全2枚)

TWICEが初の海外コンサートであるタイ公演で、4000人余りの観客を熱狂させ、ホットなアイドルの存在感を見せた。

TWICEは8日午後、タイ・バンコクのサンダードームで「TWICELAND -The Opening-in Bangkok」というタイトルで単独コンサートを開催した。

今回の公演はデビュー約1年半でK-POPの数々の新記録を塗り替え、ホットなアイドルに浮上しているTWICEが海外で初めて開く単独コンサートであり、関心が高まっていた。これを反映するかのように、TWICEがタイに入国・出国する空港には多くの歓迎や見送りのために集まった人々でごった返し、現地におけるTWICEの人気の高さを実感させた。

約3時間に渡って繰り広げられたコンサートで、TWICEは「OOH-AHHに(優雅に)」「CHEER UP」「TT」「Knock Knock」など、代表的なヒット曲だけではなく、TWICEのメンバーの個性と魅力をアピールするさまざまなステージでファンを熱狂させた。特にタイ公演のためにメンバーたちが準備してきたタイ語の挨拶に観客たちは拍手で歓迎し、タイで人気のアニメ「ちびまる子ちゃん」のタイ語のテーマ曲をTWICEが披露すると、タイのファンたちはさらに大きく歓呼した。

このようなTWICEのタイ公演に対する準備に応えるかのように、現地ファンはTWICEのタイトル曲はもちろん、収録曲まで韓国語で一緒に歌い、メンバーに大きな感動を与えた。タイのファンが準備したサプライズ映像やプラカードイベントを見てメンバーは感動の涙を流した。

特に、この日の公演では膝の負傷し回復中のジヒョがTWICEの初の海外コンサートに参加するために、椅子に座ってメンバーと共に参加する情熱を見せた。JYPエンターテインメントは「ジヒョがまだ正常にステージに立てるような状態ではないが、今回の初コンサートを待ってくださった多くのタイファンの声援に応えるために公演への合流を決定した」と明らかにした。

タイで初の海外コンサートを開くTWICEに対する高い関心や人気を反映するかのように、「# TWICELAND in Bangkok」がタイのTwitterのトレンドキーワードとなり、注目を集めた。