オーストラリアのグレートバリアリーフで、白化したサンゴ礁(2017年4月10日、豪ジェームズ・クック大サンゴ礁研究センター提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オーストラリアにある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフ(Great Barrier Reef)で白化現象が昨年に続き今年も確認され、専門家らは10日、回復する見込みがないと警告した。海水温が再び上昇していることが原因という。

 研究者らは先月、今年に入って大規模な白化現象が見られると発表しており、その後、上空から全長2300キロにおよぶグレートバリアリーフ全域を調査したことで、その懸念が現実であることが確認された。

 昨年はグレートバリアリーフの北側に深刻な白化現象がみられたが、今年は中部の3分の1のサンゴ礁が最も大きな被害を受けているという。

 豪ジェームズ・クック大学(James Cook University)の海洋生物学者、ジェームズ・ケリー(James Kerry)氏は「白化したサンゴが死滅したとは限らないが、(グレートバリアリーフの)中部で多くのサンゴが失われるとみている」と述べた。同氏によると、成長が最も早いサンゴでも、完全に回復するまでに少なくとも10年はかかるという。

 サンゴ礁の白化現象が見られたのは、1998年、2002年、2016年に続き4回目。

 ジェームズ・クック大学を拠点とするサンゴ礁研究センター(Centre of Excellence for Coral Reef Studies)のテリー・ヒューズ(Terry Hughes)所長は、「地球温暖化で海水温が過去最高を記録したことが白化現象の原因だ」と指摘している。
【翻訳編集】AFPBB News