「覆面歌王」怪盗ルパンの正体はFTISLAND イ・ホンギ!女心を掴む歌声を披露

写真拡大

「覆面歌王」に登場した怪盗ルパンの正体はFTISLANDのイ・ホンギだった。

9日に韓国で放送されたMBC「覆面歌王」では、2周年特集第2ラウンドで怪盗ルパンと羊飼い少年が対決する姿が描かれた。

この日怪盗ルパンは、イ・スンチョルの「西の空」を熱唱した。これに先立ち、芸能人判定団から“女心を掴む声"と評価された怪盗ルパンは、もう一度女心を掴むカリスマ性溢れる声を披露した。

羊飼い少年はシナウィの「大きくラジオをつけて」を歌い、まるでコンサートのような盛り上がりを見せた。

彼らのステージを見た芸能人判定団は「1ラウンドはプロローグに過ぎなかった」と言い、優れた腕前を余すところなく披露した第2ラウンドの2人の覆面歌手に拍手を送った。

怪盗ルパンは最近習い始めたというピラティスを披露し、羊飼い少年はセクシー骨盤ダンスを踊り、笑いを誘った。

この対決の勝者は羊飼い少年だった。羊飼い少年は3ラウンドに進出し、怪盗ルパンはFTISLANDのイ・ホンギであることが分かった。